• Entry Date
  • 2019.10.17

バイオ通信No.2017「手形培地を使って手指消毒の効果を見ました」

みなさん、こんにちは。

 

応用生物科学科1年生の「微生物学実習」で、手形培地を作製して、

各自が手洗い・消毒前後で、手指に付着している菌の数に変化が見られるかどうかを確認します。

 

まずは手洗い・消毒前の手指を1枚目の手形培地にペタンとあて、培養します。

 

次にハンドソープや消毒剤何種かの中から各自選択して、手洗い・消毒した後、その手指を2枚目の手形培地にあてて、それを培養します。

 

翌日、手形培地にできたコロニーをひたすら数えます。

 

写真が小さいのでわからないかもしれませんが、みんなが一生懸命に数えた結果です。

 

ハンドソープや消毒薬の効果を見るだけでなく、自分自身の手洗いのしかたに問題がないかどうかを確認する意味でもよい経験になったようでした。

 

手洗い・消毒は、バイオコースも動物看護コースも適切に行えるようになる必要がありますね。

たかが手洗いと侮らず、しっかりとした手洗いの技術を身につけていきましょう。

 

↓↓クリックお願いします

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2019/10/%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%aa%e9%80%9a%e4%bf%a1no-2017%e3%80%8c%e6%89%8b%e5%bd%a2%e5%9f%b9%e5%9c%b0%e3%82%92%e4%bd%bf%e3%81%a3%e3%81%a6%e6%89%8b%e6%8c%87%e6%b6%88%e6%af%92%e3%81%ae%e5%8a%b9%e6%9e%9c.html/trackback

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)