2014年 9月アーカイブ

わんにゃん通信No.397 「動物看護師統一認定機構からの重要なお知らせ」

みなさん、こんにちは。

 

動物看護師統一認定機構から、動物看護師統一認定試験の受験資格に関する重要なお知らせが、届きました。

「動物看護師のみなさまへ重要なお知らせ/動物看護師統一認定機構」

 

当学科で該当する卒業生はおりませんが、念のために目を通していただき、該当しそうな方がいらっしゃる場合には、お伝えいただければと思います。

よろしくお願い申しあげます。

 

↓↓クリックお願いします


わんにゃん通信No.396 「オペガウン」

こんにちわ、shibaです(*^_^*)

 

2年生の動物看護実習Ⅲの様子です。

本日の実習は、オペガウン(手術着)の取り扱いです。

ただ着るだけではなく、可能な限り無菌的な手術を行うための着方というものがあります。

着せるお手伝いをする人にも、気をつけなければいけない点があります。

 

↓↓クリックお願いします


続きを読む:わんにゃん通信No.396 「オペガウン」

わんにゃん通信No.395 「血液塗抹標本の作製とヘマトクリット値の測定:後編」

みなさん、こんにちは。

izumiです。

 

1,2年生合同の実験動物学実習、2回目は血液塗抹標本の作成・観察とヘマトクリット値の測定を行いました。

前編で血液塗抹標本の作成風景を紹介しました。後編では血液塗抹標本の染色とヘマトクリット値の測定をご紹介します。

 

1人1枚、上手にできた血液塗抹標本を選び、それを染色をします。

k20140910DSC01673

 

今回はギムザ染色を行いました。

k20140910DSC01675 k20140910DSC01676

 

k20140910DSC01680 k20140910DSC01685

その日の気温や湿度、塗抹を引く速さ、塗抹を引いてから乾燥させるまでの時間などでも血液塗抹標本のできは変わってきます。

 

今回作成した血液塗抹標本は、どうだったでしょうか。

 

↓↓クリックお願いします


続きを読む:わんにゃん通信No.395 「血液塗抹標本の作製とヘマトクリット値の測定:後編」

バイオ通信No.1336 「実験動物技術講習会のご案内」

湘央生命科学技術専門学校同窓会が主催する実験動物技術講習会の案内が届きましたので、皆様にお知らせいたします。

興味のある方、この試験を受験されている方は、ご参加ください。

 

<実験動物技術講習会のお知らせ>

第10回実験動物技術講習会を開催いたします。

実験動物二級技術者資格認定試験を受験される、または受験を予定されている方に限らず、試験は受験しないが技術を磨くために参加を希望される方など、興味のある方なら誰でも大歓迎です。ふるってご参加ください。

受講の申込はメールにて実験動物技術講習会事務局までご一報ください。

 

↓↓クリックお願いします

 


続きを読む:バイオ通信No.1336 「実験動物技術講習会のご案内」

わんにゃん通信No.394 「血液塗抹標本の作製とヘマトクリット値の測定:前編」

みなさん、こんにちは。

izumiです。

 

1,2年生合同の実験動物学実習、2回目は血液塗抹標本の作成・観察とヘマトクリット値の測定を行いました。ちょっと長くなってしまったので、前後編でお届けします。

 

1年生が講義を受けている間、2年生は実習の準備をします。

k20140910DSC01663 k20140910DSC01664

 

1年生が講義を聴き終わり、実習室にやってきました。

1年生が来たら、2年生はこれから行う実習の内容と実習に使用する器具の使い方を説明します。

 

k20140910DSC01665

先輩の教え方は班によって様々でした。

 

k20140910DSC01666 k20140910DSC01669

説明しながら実践する班もあれば、図示しながら説明する班もありました。

 

説明がひとしきり終わったところで、まずは血液塗抹標本の作製を行いました。

 

↓↓クリックお願いします


続きを読む:わんにゃん通信No.394 「血液塗抹標本の作製とヘマトクリット値の測定:前編」

わんにゃん通信No.393 「実験動物の飼育方法」

みなさん、こんにちは。

izumiです。

夏休みも明けて、3期の授業が始まりました。

夏休みは満喫できたでしょうか。

火曜日の3、4時限目は、応用生物科学科の1・2年生合同で実験動物の実習を行います。

k20140910DSC01658.jpg

本日は顔合わせと、2年生による1年生への実験動物の飼育方法の指導を行いました。

↓↓クリックお願いします


続きを読む:わんにゃん通信No.393 「実験動物の飼育方法」