2016年 5月アーカイブ

わんにゃん通信No.579「毒物劇物取扱者試験問題6」

みなさん、こんにちは。

6回目の今日は、薬物の鑑別法に関する問題を解いてみましょう。

 

問題)次の鑑別法で鑑別する薬物を選びなさい。

1)水溶液を白金線につけて無色の火炎中に入れると、火炎は著しく黄色に染まり、長時間続く。

2)水に溶かして塩酸を加えると、白色の沈殿を生ずる。

3)アルコール性の水酸化カリウムと銅粉とともに煮沸すると、黄赤色の沈殿を生ずる。

4)サリチル酸と濃硫酸とともに熱すると、芳香のあるサリチル酸メチルエステルを生ずる。

5)水溶液に晒し粉を加えると 、紫色を呈する。

 

a)アニリン b)四塩化炭素 c)硝酸銀 d)水酸化ナトリウム e)メタノール

 

↓↓クリックお願いします


続きを読む:わんにゃん通信No.579「毒物劇物取扱者試験問題6」

バイオ通信 No.1580「プラスミドの調製」

2年生の遺伝子工学実習では、プラスミドで組換えDNAを作製しています。

まずは、ベクターDNAとして使用するプラスミドをアルカリSDS法で調製します。

 

やる気満々な2年生です。おそろいのTシャツできめています!!

160519-1

 

↓↓クリックお願いします


続きを読む:バイオ通信 No.1580「プラスミドの調製」

バイオ通信No.1579「毒物劇物取扱者試験問題5」

みなさん、こんにちは。

 

前回は薬物の毒性に関する問題を解きましたが、今日は解毒剤の問題を解いてみましょう。

 

問題)次の薬物の解毒剤として最も適切なものを選びなさい。

1)DDVP

2)モノフルオール酢酸ナトリウム

3)シアン化カリウム

4)蓚酸

5)沃素

 

a)アセトアミド  b)カルシウム剤  c)チオ硫酸ナトリウム  d)澱粉  e)PAM

 

↓↓クリックお願いします


続きを読む:バイオ通信No.1579「毒物劇物取扱者試験問題5」

わんにゃん通信No.577「毒物劇物取扱者試験問題4」

みなさん、こんにちは。

 

毒物劇物取扱者試験問題の4回目は、毒性の問題を出題します。

ぜひチャレンジしてみてください。

 

問題)次の毒性を有する薬物を選びなさい。

1)極めて猛毒で、希薄な蒸気でもこれを吸入すると呼吸中枢を刺激して、麻痺させる。

2)血液中の石灰分を奪い、神経系をおかす。腎臓がおかされる。

3)致死量に近ければ麻酔状態となり、視神経がおかされ、目がかすみ、ついには失明すことがある。

4)蒸気の吸入により、頭痛、食欲不振等が見られる。

5)血液毒かつ神経毒であるので、血液に作用してメトヘモグロビンをつくり、チアノーゼをおこさせる。

 

a)アニリン b)シアン化水素 c)蓚酸 d)トルエン

e)メタノール

 

↓↓クリックお願いします


続きを読む:わんにゃん通信No.577「毒物劇物取扱者試験問題4」

バイオ通信No.1577「毒物劇物取扱者試験問題3」

みなさん、こんにちは。

 

毒物劇物取扱者試験問題の3回目は、毒物劇物の貯蔵法についてです。

 

問題)次の貯蔵法で貯蔵する薬物を選びなさい。

1)少量ならばガラス瓶、多量ならばブリキ缶あるいは鉄ドラムを用い、酸類とは離して空気の流通のよい乾燥した冷所に貯える。

2)炭酸ガスと水を吸収する性質が強いから、密栓して貯える。

3)水中に沈めて瓶に入れ、砂を入れた缶中に固定して冷暗所に貯える。

4)空気中にそのまま貯えることはできないので、通常、石油中に貯える。

5)空気や光線に触れると赤変するから、遮光して貯えなければならない。

 

a)黄燐 b)シアン化カリウム c)水酸化ナトリウム

d)ナトリウム e)ベタナフトール

 

↓↓クリックお願いします


続きを読む:バイオ通信No.1577「毒物劇物取扱者試験問題3」

わんにゃん通信No.576「GW中のゆず」

こんにちは。

 

続々と(?)「私の写真も載せて!」と要望が来ております。

今回はゆずです。

 

ゆずは、2年生のOさんが預かってくれました。

お出かけにも連れて行ってくれたみたいです。

 

image1(1)

いいタイミングで撮れてますね、おやつで釣ってるのが丸見えですが(^▽^;)

ちなみにバンダナはおしゃれではなく、ヨダレですぐ毛がカピカピになってしまうので着けています(;^_^A

 

↓↓クリックお願いします


続きを読む:わんにゃん通信No.576「GW中のゆず」

バイオ通信No.1575「生化学実習1」

みなさん、こんにちは。

 

4月から授業が始まって、5月の連休を過ぎ、気がつけばもう5月も半ばです。

ということで、2年生の生化学実習の様子をお伝えします。

 

生化学実習は、バイオコースと動物看護コース共通の科目です。

今回は、ブタの肝臓からのDNAの分離をご紹介します。

 

ところが、分離できたDNAは真っ白。糸状の・・・・・・のはずだったんですが・・・・・・?

16042003-15

16042003-16

 

簡単に、操作を振り返ってみましょう。

 

細胞を破砕して、遠心をします。

16042003-04

16042003-11

 

次に、沈殿に、それぞれ順に試薬を入れて、撹拌をします。

 

そして、遠心をします。そしていよいよエタノール沈殿です。

16042003-14

 

↓↓クリックお願いします


続きを読む:バイオ通信No.1575「生化学実習1」