バイオ通信No.2061「卒業生が顔を出してくれました!」

みなさん、こんにちは。

 

少し前のことですが、2011年3月に卒業したバイオ23期生が、学校に顔を出してくれました。

これから同期で久しぶりに会うようで、その前に学校に顔を出せる時間がある人が、学校に来てくれたそうです。

23期生は現応用生物科学科がバイオ学科だった頃の最後の卒業生で、実験動物2級技術者資格認定試験の成績優秀者表彰で、トップ5を独占した学年です。

 

一部へんな格好で写真に写っている人もいますが、これは卒業アルバムの個人写真を再現したものだからです。

学校を懐かしんで、思い出話に話をふくらませていました。

 

その後、学校に来られなかった卒業生も合流したときに撮った写真を送っていただきました。

 

みんな元気そうで、なによりです。

また機会がありましたら、学校に顔を出してくださいね。

 

↓↓クリックお願いします

 


バイオ通信 No.2060「実技試験・微生物学実習の巻」

1年生の微生物学実習では実技試験があります。

 

1日目は分離培養。

2種類の菌を混合してある菌液を使って平板培地へ分離培養します。

 

2日目はグラム染色。

前日に培養した平板培地から2種類の菌(コロニー)を見分けて、それぞれグラム染色します。

染色後は顕微鏡で観察し、先生のチェックを受けます。

 

スライドガラスへ菌を塗抹、乾燥、固定します。

 

染色します。染色時間は正確に。

 

顕微鏡でキレイに染色できている場所を探します。

 

グラム染色は紫色がグラム陽性菌、ピンク(赤)がグラム陰性菌です。

忘れないでね♬

 

↓↓クリックお願いします

 


わんにゃん通信No.974「動物病院 合同就職説明会のご案内」

みなさん、こんにちは。

 

動物看護コース学生向けの動物病院合同就職説明会の案内が届いていますのでご紹介します。

 

3月23日月曜日にベルサール新宿グランド コンファレンスセンターを会場にして、11:00よりキャリアセミナー、12:00より病院説明会が開催されます。

 

東京都・神奈川県にある動物病院に限らず、群馬県、埼玉県、滋賀県、静岡県、栃木県、千葉県、奈良県、愛知県、山梨県、福岡県、大阪府など地方動物病院が参加されるのが特徴です。

また、個人病院、グループ病院など様々です。

 

今回の説明会会場に参加する動物病院以外に、他動物病院の求人案内集をゲットできるのも魅力です!

 

詳しくは各説明会のホームページ等をご確認下さい。

↓ ホームページはこちら ↓

https://www.ahjobfair-snc.com/

 

一度に多くの会社や動物病院担当者から、直接様々な情報を聞ける貴重な機会です。

長期休みを利用して参加してみてください♪

 

↓↓クリックお願いします

 


わんにゃん通信No.973「ジアルジア検査」

みなさん、こんにちは。

動物看護コース2年生がジアルジア検査を行いました。

 

ジアルジアとは、人を含む脊椎動物の腸内に感染する内部寄生虫です。

腸内寄生をした後、消化器症状を起こす危険があります。

ジアルジアは、感染動物の糞便より検出することができます。

 

ジアルジアを検出する方法として、直接塗抹法、遠心浮遊法、沈殿法(MGL法)、間接蛍光抗体法(IFA)などがありますが、いずれも操作が煩雑で検出しにくいといわれています。

また、直接塗抹法の場合はシストの見分け方にある程度の熟練が必要で、少量排出時には見逃しやすい傾向にあります。

検査方法は様々ですが、今回の実習ではジアルジア専用の簡易検査キットを使用しました。

 

キット内容は、サンプルスワブとデバイスからなります。

はじめにサンプルスワブを使い、糞便検体(下部先端)とコンジュゲート(上部先端液体)を混和させます。サンプルスワブ上部プラグとバルブの境目を折り曲げ、バルブを3回押すことで混和します。

 

コンジュゲートには、西洋ワサビ由来ペルオキシダーゼ(HRPO)標識抗ジアルジア抗原モノクローナル抗体(注)が入っていて、糞便検体とコンジュゲートを混和することにより、ジアルジア抗原が糞便検体中に含まれる場合には、抗体がこの抗原と結合します。

 

つぎに、デバイスのサンプル注入口へ混和したものを5滴滴下します。

 

滴下した液体がデバイス内の反応膜を通過したら、デバイスのアクティベーターを手のひらで押しつけます。

そして、8分間反応を待ちます。

 

デバイスには、テトラメチルベンジジン(TMB)という物質が含まれていて、この物質はペルオキシダーゼの基質として働き、この酵素により酸化され、テトラメチルベンジジンジミンという青色に発色する物質へと変化します。

つまり、ジアルジア抗原が存在して、西洋ワサビ由来ペルオキシダーゼ(HRPO)標識抗ジアルジア抗原モノクローナル抗体と結合すると、このモノクローナル抗体に結合している西洋ワサビ由来ペルオキシダーゼの作用により、テトラメチルベンジジンが酸化されて、青色に発色するという仕組みです。

 

この反応膜の色調の変化により、ジアルジア存在の有無を判定します。

サンプルスポットに青い印が出たらジアルジア陽性ですが、今回は青い印がサンプルスポットに出ず(陰性コントロールスポットにも出ませんでした)、陽性コントロールスポットのみに出たので、ジアルジア陰性でした♪

 

なお、ジアルジアは、糞便から検出されにくい寄生虫といわれています。

寄生虫に合わせて簡易キットを使うなど、検査方法を工夫してみましょう。

 

注)西洋ワサビ由来ペルオキシダーゼ(HRPO)標識抗ジアルジア抗原モノクローナル抗体

一つの抗原には通常、複数のエピトープ(抗原決定基)が存在しますが、モノクローナル抗体とは単一のエピトープに対する抗体のことをいいます。抗ジアルジア抗原モノクローナル抗体とはジアルジア抗原に対するモノクローナル抗体のことで、ジアルジア抗原の単一のエピトープに対する抗体ということです。また、西洋ワサビ由来ペルオキシダーゼは西洋ワサビ由来のペルオキシダーゼ(酵素)のことで、比較的広い基質と反応する性質があります。そして、「ペルオキシダーゼ標識」とは「ペルオキシダーゼ」を抗体と結合させているという意味です。なお、このキットではテトラメチルベンジジン(TMB)が、ペルオキシダーゼの基質となります。ちなみにHRPOは、peroxidase horseradish peroxidase の略です。この長ったらしい名前もいくつかの用語が結合したもので、それを分解して見てみると理解しやすいのではないでしょうか。

つまり、このキットは、ELISA法(Enzyme-linked immunosorbent assay、酵素標識抗体吸着法)を利用したキットです。ELISA法が利用されているものは、このキット以外にもたくさんあります。ちょっと知っておくと便利かもしれないので、少し詳しく書いてみました。

 

↓↓クリックお願いします

 


わんにゃん通信No.972「新しい仲間が増えます🐶」

こんにちは(^_^)

 

突然ですが応用生物科学科に新しい仲間が増えます!!

可愛いワンコ2匹です。

 

【シーズー×ヨーキーのmix 8か月 男の子】

 

【チワワ×トイプードルのmix 8か月 男の子】

 

この2匹が新たに仲間になります( *´艸`)

お迎えはもう少し先ですが、どんな子たちなのか楽しみです。

 

学生たちもワクワクして、もう名前も考えていました(笑)

随時紹介していくので、楽しみにしていて下さい(▽・ω・▽)

 

↓↓クリックお願いします

 


バイオ通信No.2059「バイオ就職内定者紹介 その9」

みなさん、こんにちは。

 

就職内定者紹介の9回目は、株式会社ミック・ケミストリーから内定をいただいているAMさんをご紹介します。

 

それでは、AMさんにインタビューしてみましょう。

 

「就職活動はどうでしたか?」

私が内定をいただいた株式会社ミック・ケミストリーの採用試験では、インターンシップを行いました。

すでに新卒の採用試験は終了していたのですが、だめもとで電話をしたところ、「履歴書を送ってください」と言っていただき、すぐに履歴書を送り、様々な説明を受けた後に、インターンシップを行うことが決まりました。

インターンシップではいろいろな部署の仕事を経験させていただき、たいへん勉強になりました。

また、そこでは会社に勤務されている学校の大先輩にもお目にかかることができ、たいへん心強く思いました。

幸運にも採用内定をいただき、私の夢であった化粧品会社への就職が実現することになりました。

 

「卒業後はどんな仕事に携わりますか?」

化粧品を扱う仕事に就きます。

バルク調製、充填・包装、品質管理、物流等の仕事がありますが、まだ配属先は決まっていません。

配属先が決まったら、与えられた仕事に一生懸命に取り組みたいと思っています。

 

「将来の夢は?」

私も一女性として、いつでもキレイでありたいと思っています。

私と同じように思っている女性はきっとたくさんいらっしゃると思いますし、男性の中にも身だしなみとして化粧品を使われる方は多いのではないかと思います。

老若男女を問わず、また、様々な目的に応じた使いやすい化粧品をつくることで、そのような様々なニーズにお応えできる製品につながるような仕事をしたいと思っています。

私が大好きな化粧品を扱う仕事を通して、人のお役に立つことが私の夢です。

 

「ブログを見てくれている人へのメッセージ」

私にとっては不幸中の幸いでしたが、私が採用試験の波に乗り遅れてしまった経験から言えることは、化粧品会社の求人は他の分野に比べて比較的少なく、採用試験の時期が早いので、就職活動は早めに動いた方がよいということです。

化粧品会社への就職希望で、これから就職活動をする人は、頑張ってください。

 

↓↓クリックお願いします

 


バイオ通信No.2058「バイオ就職内定者紹介 その8」

みなさん、こんにちは。

 

就職内定者紹介の8回目は、日油株式会社から内定をいただいているONさんをご紹介します。

 

それでは、ONさんにインタビューしてみましょう。

 

「就職活動はどうでしたか?」

自分のことをふり返る期間だったと思います。

履歴書や面接では、自分のことを文字や言葉で表現することが求められますが、自分のことをなんとなくわかっているつもりでも、いざ文字にしたり、言語化したりするとそれは難しく、かなりの時間を使って自分を見つめました。

結果として「採用内定」をいただきましたが、色々な人たちに協力してもらい、この結果に結びついたのだと思っています。

 

「卒業後はどんな仕事に携わりますか?」

私が入社する会社では様々な機能原料が生み出されていますが、その中には医薬品にも利用される機能原料もあります。

私は会社の品質管理部門で、会社で製造されているこの機能原料の分析をして、品質を確認する仕事をする予定です。

その機能原料を使ってくださる人のことを思いながら仕事をして、社会に貢献したいと思っています。

 

「将来の夢は?」

仕事での目標については、入社してから仕事をしながら見つけたいと思っています。

個人的な目標としては、お金をためて、日本全国にあるすべての河川で釣りをしてみたいと考えています。

 

「ブログを見てくれている人へのメッセージ」

これから就職活動をする方は自分一人でやろうとはせず、たくさんの人に相談しながら進めると、良い答えが見つかると思います。

自分の就職活動ではありますが、周りの人たちに協力してもらいながら進めた方が効率が良いですし、いろいろと勉強になり、自分が人間的に成長できる点でも良いと思います。

 

↓↓クリックお願いします

 


わんにゃん通信No.970「手洗い法①」

こんにちは(^_^)

外科看護実習で、手術前の手洗いの1つスクラブ法をしました。

 

手洗い法は、主にスクラブ法・ラビング法・ツーステージ法の3種類あります。

病院によって手洗い方法はかわるので、どの方法にも対応できるようにしていきましょう♪

 

スクラブ法は、ブラシとスクラブ剤を用いて手洗いする方法です。

時間と回数をかけて洗うので、しっかり洗うことができます。

 

爪先から腕まで、ブラシを使って丁寧に洗っていきます(^∪^)

 

洗う順番は、爪→指→手の甲→手のひら→手首→腕になります。

この時、洗い終わったところには、戻ってはいけません(手首を洗った後に指を洗うなど)

あと大事なのは、手は常に肘より高い位置を保つことです!!

 

洗っている後ろから、厳しいチェックが入ります(笑)

 

水で流すときも手の位置は下げてはいけません!!

更に周りの物に触れてしまうと菌などがついてしまうので、周りにも注意して洗わないといけません(>_<)

 

水で流せたら、滅菌タオルで拭いていきます。

拭く順番も爪先から拭いていき、最後が腕になります。

 

手首から肘にかけて拭く時は、タオルで輪を作ってまわしながら拭くのがポイントです(^_^)

 

タオルでしっかり拭けたら、手洗い完了です♪

スクラブ法は、最低でも10分洗わないといけません。

その間はずっと手を上げっぱなしでしたので、学生の中には

洗い終わった後に、手がプルプルしている子もいました(笑)

 

普段の手洗いでも、爪先からしっかり洗うことを心がけていきましょう!!

 

↓↓クリックお願いします

 


バイオ通信No.2057「研究所見学」

みなさん、こんにちは。

 

講師のYH先生のご紹介で、協和キリン株式会社 東京リサーチパークの見学を行うことができました。

 

研究所を見学したバイオコース1年生は興味津々で、会社の担当者の方々のご説明に耳を傾けていました。

 

質問もたくさんできましたね。

これから就職活動が本格化しますが、今回の経験も参考にしながら、自分の進路について考えていきましょう。

 

研究所の職員の皆さま、お忙しい中、私たちのために貴重なお時間を割いていただき、誠にありがとうございました。

 

YH先生、今回もありがとうございました。

学生は、とても勉強になったようです。

 

↓↓クリックお願いします