湘央医学技術専門学校・湘央生命科学技術専門学校

臨床検査技術学科BLOG

臨床検査技師を養成する神奈川県綾瀬市の専門学校、湘央医学技術専門学校臨床検査技術学科の公式ブログ。授業や学校行事の様子をご紹介します。

学生の面談(2年生)

Wです。

 

1年生は新入生のことを知るため、

3年生は臨地実習開始、および国家試験&就職試験について

などを話題に、学年担任による全員を対象とした面談(2対1)が終わったところです。

 

2年生は専門の検査学の実習が始まり、

昼休みも放課後も必ずしも定刻に授業が終わるとは限りません。

学生と教員の面談の時間を合わせるのも難しいときもあります。

 

小テストやレポートの成績評価が心配な学生については

複数科目で名前が挙がった学生から面談を行います。

繰り返し面談を行うことで改善を図っていきます。

昨年はzoomを利用して『3者面談』も行いました。

 

授業を集中して聴講する、分からないことは質問する、一番大切なことです。

家での勉強時間や質に問題があれば、「今」改めていかないと手遅れになります。

アルバイトやスマホの占める時間が長い人は優先順位を考えていきましょう。

 

↓↓クリックお願いします


ブルー

hiraiです。

 

ここのところ、季節の前倒し感があり、

今年は6月を待たずに紫陽花が咲き始め、

愛犬の散歩では早くも目を楽しませてくれます。

 

先日、娘から「母の日」にと届いた紫陽花が

とても珍しい花弁でした。

”アルタイル”という希少価値の高い品種だそうです。

私の好きなブルーの花びらは

まるで陶器でできた星が重なったごとく。

品種改良が進んでいるんだなあと実感しました。

 

今朝、学生と美化活動した際、

ご近所に咲いている紫陽花を見て

「この花なんだかわかる?」と聞いたら

「おばあちゃんちに咲いてる花」との答え。

質問に沿った答えを期待したのは間違いでした。

 

↓↓クリックお願いします


暑かったり寒かったり・・・・・・

たかはしです。

 

昨日は室内で実習準備をするだけでも汗だくになるほど暑かったのに

今日は雨も降ったせいか上着を羽織りたいくらい寒くなりました。

 

本日は2年生Aクラスの午前中は「臨床微生物学」の講義を行いました。

前期の範囲でもニガテな人が多い「腸内細菌科細菌」

 

菌の種類自体も多く、またそれぞれの菌の特徴や菌種を決定するための

検査手順なども覚えなければならないため、

学生時代には苦労した記憶があります。

 

定期試験まではまだ期間がありますが

2年生は各科目の内容が非常に濃いので、

毎日しっかりと復習をしてわからないところをそのままにしないようにしましょうね。

 

寒暖差が激しいこの時期、1年生では体調不良でお休みされている学生さんもいるため

皆様も体を壊さぬようご自愛くださいませ。

 

↓↓クリックお願いします


美化活動に試験勉強に

mizuです。

 

春はどこへやら、夏日にもなる日がでてきました。

そんな暑い中、朝から周辺道路のゴミ拾い=美化活動で歩きました。

 

意外とキレイなのですが、ゴミの多くはポイ捨てのタバコの吸い殻を

捨てた人は楽をしたかもしれないが、

汚された道路や掃除をする人のことを考えてほしい。

と、毎回思います。

 

そのゴミを試験前でも一緒に掃除してくれた2年生。

ありがとう。<(_ _)>

 

試験前の暗記をしつつ、ゴミ拾いなので気づかなかったかもしれないが、

結構キレイな花も咲いており、歩きながら花から元気をもらえる気分です。

試験結果に「はなまる」がつくといいなと祈っています。

 

↓↓クリックお願いします


新カリキュラム(2年生)

Wです。

 

新カリキュラム変更後、初めての2年生ですが、

配置されている科目が検査学の講義&実習のため、

主な変更点は

1.輸血・移植検査学:講義&実習が臨床免疫学の細科目から独立科目へ

2.検査総合管理学(精度管理学):臨地実習前(3年4月の集中講義)から2年後期へ

3.臨床免疫学&臨床化学の実習:それぞれ90時間2単位から45時間1単位へ半減

でしょうか。

 

担当の臨床化学実習は 8H/日×6回(45H)を

前期3回・後期3回に分けて実施することになりました。

分光光度分析法/酵素法/酵素活性測定法/イオン選択電極法など

の分析理論を学びます。

 

病院では生化学(臨床化学)検査は『自動分析装置』が測定し、

精度管理(検査結果の質の保証)をして臨床側に報告することになりますが、

学校では主に『用手法』で測定して測定原理や測定操作を学びます。

自動分析装置も用手法の測定操作を自動化したものがほとんどなのです。

 

なお、疾病を早期発見するためにも、治療方針を決めるためにも、

EBM(Evidence-Based Medicine)「科学的根拠(エビデンス)に基づく医療」

を実践するために患者情報である検査結果は必須なのです。

 

↓↓クリックお願いします


感謝を伝える日

Iです。

 

最近は雨の日が多いですね…

土日も雨だと気分が落ち込みます。

出かける予定があっても、晴れてる日とは家を出る気分が違いますよね。

 

そんな雨の中でも元気よく自転車で登校してくる学生さんもいて

レインコートなど何も着ないで来る子もいたり

風邪引かないように気をつけてください。

 

土日は雨でしたが、昨日5/14は母の日でしたね。

皆さんは母の日何かしましたか??

 

年に一度、お母さんに感謝を伝えられる日でもあります。

普段、恥ずかしくて感謝を伝えられない人も伝えられる機会です。

 

プレゼントだったり、お手伝いでも何でも

お母さんはとても嬉しいと思います。

忘れていたという人もまだ遅くはないので感謝を伝えてみてください。

 

↓↓クリックお願いします


奉仕活動

hiraiです♬

 

今週3年ぶりに朝の美化活動がありました。

コロナ禍で実施見合わせとなっていましたがこの4月から復活し、担当の学生と共に2コースに別れて近隣の清掃をしました。

目的としては『奉仕の精神の醸成と地域への貢献』です。

 

3年ぶりに歩いたコースはコロナ前と比べ、新しい住宅や取り壊されて更地や駐車場になったりと…。

ゴミを拾いながら学生さんとたわいもない会話をしていると普段感じることのない意外な発見もあったりします。

 

25分足らずの奉仕活動が終了し学生さんは小テストがあったようで慌てて教室に戻りましたが、5月の爽やかな空気を吸いながら富士山まで見ることができ、私としては今日はいいスタートだなと感じた朝なのでした。

 

↓↓クリックお願いします

 


突然の雨

Uchiです

 

GW明けから4日、皆さんも休みぼけは抜けましたか?

今日は午前中の快晴から一点、下校時を狙ったように

大雨になっています。

夕方から雨になると予報は出ていましたが、

時折雷鳴も聞こえています。

傘を持たない学生は大騒ぎをしています。

濡れて帰って風邪などひかなければ良いのですが。

 

先週はGW中に石川県を中心とする地震、

昨日は千葉県内房を中心とする地震があり、被害も出ています。

今夕は内房も雨に見舞われているようで、地震被災者の

方々は更に大変な思いをされている事でしょう。

被害が大きくならないことを祈るばかりです。

 

災害には事前の備えが必要と言われますが、

身近の出来事でないと、つい疎かになりがちです。

いざと言う時に備える心構えは忘れないようにしたいものです。

 

何事にも事前の準備は大事です。

学生諸君も事前準備を怠らないように頑張って下さい。

 

↓↓クリックお願いします

 


ゴールデンウィークも終わり・・・・・・

たかはしです。

 

ゴールデンウィークも終わり、今週から3年生は臨地実習がスタートし、1,2年生は授業再開しました。

学生からも臨地実習先からも特段連絡がないので、大きな問題もなく臨地実習が始まったことでしょう。

将来臨床検査技師として働くために、4ヶ月間臨床現場を体験していてください!

 

2年生は今週は"臨床微生物学実習"の2回目です。

2回目の実習項目は通性嫌気性Gram陽性球菌

「通性嫌気性=発育する環境の酸素濃度に関わらず増殖できる」

「Gram陽性球菌=Gram染色操作で陽性に染まる球形の菌」

 

今日は"Gram染色操作"と"分離培養"を行います。

"培地"と呼ばれる栄養の入った寒天に菌を塗りつけ、37℃で加温しながら1晩放置することで菌が増殖して

"集落(コロニー)"と呼ばれる菌の塊を培地上に形成してくれます。

さまざまな種類の培地があり、色も多数。

 

明日明後日で、分離培養で得られた菌を用いてその菌がなんという菌なのか?を

調べる"同定検査"を実施します。

 

これからどんどん暑くなる時期で、白衣を着てガスバーナーを使う実習は大変だと思います。

暑さに負けず頑張りましょう!

 

↓↓クリックお願いします

 


客観的臨床能力試験とは?

OKです。

 

4/29(土)祝日、世の中はGWですが、3年生は本日、客観的臨床能力試験(OSCE)が行われました。

実際に患者役の学生や模擬検体を用い、いわゆる現場を想定しての実習試験です。

 

 

身だしなみも含みます。1We前に練習したはずですが、

やはり本番では目の前に先生が採点している事もあってか「ど緊張」していた学生が多かったみたいです。

でも、これも良い経験です。連休明けから、臨地実習が始まりますが、

約4ヶ月間、様々な現場を体験して出来るだけ多くのことを学んで欲しいです。

 

 

 

 

 

 

 

↓↓クリックお願いします