2019年10月9日アーカイブ

わんにゃん通信No.931「わんちゃんのシャンプー方法」

みなさん、こんにちは。

今回はわんちゃんのシャンプー方法についてご紹介します。

 

シャンプーをする際はあらかじめ、わんちゃんがシンク内で滑り、怪我をしないための柔らかいスノコ(おふろまっと)を用意します。

 

そして、シャワーの温度をぬるま湯に設定します。

わんちゃんの体温は人間より高く、熱がこもりやすいため高温を避けます。

寒い時期には冷水を使うことで、低体温症になる危険が有ります。

季節に合わせて調節をしましょう。

 

全身の被毛をかき分け、シャワーヘッドを皮膚に沿わせるようになでると、全身がぬれやすくなります。

肛門腺はこの後に絞ります。

わんちゃんには肛門の斜め下、両側に臭腺があります。

大型犬は自力で排出をすることができる子が多いのですが、小型犬は定期的に絞り出さなければいけません。

 

シャンプーをするときは全身を指の腹を使い、丁寧に洗ってあげます。

顔から、耳の周り、爪の生え際まできめ細かい泡を作ります。

泡が立たない際は、洗い流し、再度洗ってあげましょう。

 

シャンプーを洗い流し、コンディショナーをする際には、少量のコンディショナーをぬるま湯に混ぜ、スポンジを使いなじませ使うと、全身の被毛に馴染みます。

そうすると、わんちゃんへの負担が少ないです。

スポンジで少しずつ濡らす方法は、顔を濡らすのが苦手な子におすすめです。

 

最後にコンディショナーを洗い流します。

このときに腹や脇、足の先に濯ぎ残しがないようにしましょう。

 

将来動物病院で勤めた際、トリマーでなくとも必ずシャンプーをする機会があります。

グルーミングもできる動物看護師をめざしましょう♪

 

↓↓クリックお願いします