湘央医学技術専門学校・湘央生命科学技術専門学校

応用生物科学科BLOG

  • Entry Date
  • 2020.9.23

わんにゃん通信No.1062「糞便検査」

こんにちは。

 

先日、動物看護コース2年生は学校犬や家のわんこ、エキゾチックアニマルの糞便検査をしました。

今回は、直接法で腸内細菌や寄生虫卵を鏡検し、また、染色液を使って糞便に含まれる脂肪やデンプンをみました。

 

エキゾチックアニマルの便は、蒸留水でふやかしてから観察しました。

 

ウサギ、デグー、ラット、ハムスター、スナネズミ、フクロモモンガ、セキセイインコの便です。

ズダンⅢという染色液は、便の中の脂肪をオレンジ色に染めます。

ルゴールは便中のデンプンを紫色に染めます。

これにより、未消化物の有無、消化機能の状態等を診る事ができます。

 

ちなみに、ハムスターの便からはこんなものが見つかりました。

 

花粉とのことです。

今回はどの子の便も異常なく安心しました。

糞便検査の手際の良さも、さすが2年生という感じです。

さすがですね。

 

↓↓クリックお願いします

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2020/09/%e3%82%8f%e3%82%93%e3%81%ab%e3%82%83%e3%82%93%e9%80%9a%e4%bf%a1no-1062%e3%80%8c%e7%b3%9e%e4%be%bf%e6%a4%9c%e6%9f%bb%e3%80%8d.html/trackback

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)