2019年9月5日アーカイブ

わんにゃん通信No.917「歯石除去①」

こんにちは(^_^)

 

2年生がカリカリ何かを削っています。

何をしているのでしょうか??

 

答えは歯石除去の模擬練習をしていました。

 

空き缶に塗ったマニキュアを歯石に見立ててハンドスケーラーで削っていきます。

 

犬猫達も人間と同じように歯石がつきます。

そのまま放置をしてしまうと悪化してしまい、色々な歯のトラブルにつながってしまいます。

そのため週3回以上(できれば毎日)の歯磨きと数年に一度歯石除去するワンコ達が増えています。

 

機械でやる超音波スケーラーもありますが、今回は手動でハンドスケーラーを使って削っていきます。

力を入れすぎてしまうと、歯石だけではなく歯の表面(エナメル質)も削ってしまいます。

力加減に注意して歯石だけを削っていきましょう!!

 

空き缶に傷がついていたら、力が入りすぎている証拠です(>_<)

 

犬猫の歯模型も使ってハンドスケーラーの当てる向きも考えます。

 

犬の歯は42本・猫の歯は30本あります。

しっかりチェックしていってあげましょう(*^∪^*)

 

↓↓クリックお願いします