湘央医学技術専門学校・湘央生命科学技術専門学校

応用生物科学科BLOG

2018年10月3日アーカイブ

わんにゃん通信No.824「糞便検査」

こんにちは。
 
1年生の動物臨床検査学実習Ⅰで、糞便検査を行いました。
今回は直接法と浮遊法の2種類です。
直接方は前回お届けしたので、今回は浮遊法でお送りします。
 

浮遊法は使用するうんちの量が多い分、直接法よりも寄生虫卵の検出率が大幅に上がる検査方法です。
 

こぼれない程度に、しかししっかりと表面張力の盛り上がりを作ります。
 
30分待って、いざ観察。

 
どの寄生虫(卵)がいるかは分からない状態での観察です。
見つかった人、中々見つからない人もいましたが、何とか全員「何か」を見つけることが出来ました。
このような訓練を積み重ねて、糞便検査のエキスパートを目指します。
 
最後に、前回の「何か」の答えはイソスポラ(コクシジウム)でした。
 
↓↓クリックお願いします