2018年10月25日アーカイブ

わんにゃん通信No.833「救急救命学科との合同授業」

こんにちは。

 

先日、救急救命学科との合同授業が行われました。

BLS(一次救命処置)についての授業で、救急救命学科の学生から指導を受ける形で進行しました。

 

一次救命処置とは意識が無い人に対して、救急車が来るまでの間に行う処置のことで、一般の人でも行えるものです。

 

まずは救急救命学科の学生から口頭やデモでの説明を受けます。

その後実際に練習します。

 

心臓マッサージの練習。

 

人工呼吸の練習。

こちらの方が難しかったようですが、大事なのは心臓マッサージとのことでした。

 

最後にAEDの使い方を教えてもらい、通して実践です。

 

これでいざという時も大丈夫!だと思います。

学科間の交流と言うことでも、とてもいい機会になりました。

 

救急救命学科の学生のみなさん、ありがとうございました(⌒-⌒)

 

↓↓クリックお願いします