2018年7月12日アーカイブ

バイオ通信 No.1853「サザンハイブリダイゼーション」

2年生の遺伝子工学実習でサザンハイブリダイゼーションを行いました。

 

制限酵素で切断したDNA断片などを分子量マーカーと一緒にアガロースゲル電気泳動します。

 

泳動後、ゲルを染色して写真を撮ります。

ゲルを変性液→中和液につけてDNAを一本鎖の状態にします。

20×SSCの入った容器にガラス板を橋のようにのせます。

20×SSCに湿らせた濾紙を渡してその上にゲルをのせます。

 

ゲルの周りにラップを置きます。

 

ゲルの上にニトロセルロース膜を空気が入らないように慎重にのせます。

 

ゲルと同じ大きさの濾紙、ペーパータオル、500g程度の重り。

完成です。一晩置いて、膜へDNAを移します。

 

翌日。。。

メンブレンにゲルの大きさとサンプル溝の印をつけます。

 

メンブレンをSSCで洗浄し、乾燥後、80℃でBacking。

その後、コロニーハイブリダイゼーションのメンブレンと同様に

プレハイブリダイゼーション、ハイブリダイゼーション、検出を行いました。

 

上が電気泳動、下が検出後のメンブレンです。

 

発色しているバンドには標識プローブと同じ塩基配列が存在することがわかりました。

きれいに発色しましたね♪

 

↓↓クリックお願いします