湘央医学技術専門学校・湘央生命科学技術専門学校

応用生物科学科BLOG

  • Entry Date
  • 2022.6.2

バイオ通信 No.2597「試薬を調製しました。」

1年生のバイオサイエンス実習で試薬の調製を行いました。

粉末試薬(溶質)を天秤で計り取り、少量の溶媒の入ったフラスコへ。

溶質を溶かすために攪拌します。

 

利き手で三角フラスコをしっかりと持ち、溶液が渦を巻くようにくるくる回します。

空いた手は三角フラスコの底に添えます。

 

溶質が完全に溶解したらメスシリンダーへ移します。

 

蒸留水を加えて全量にメスアップします。

 

メスシリンダーの目盛りを合わせるときは目線を下げて、

メニスカスの底面を目盛りに合わせます。

 

メスアップ後は三角フラスコへ入れて攪拌したら出来上がりです。

試薬瓶へ入れて保存します。

試薬調製は実験の基礎です。確実に身につけましょう。

 

↓↓クリックお願いします

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2022/06/%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%aa%e9%80%9a%e4%bf%a1-no-2597%e3%80%8c%e8%a9%a6%e8%96%ac%e3%82%92%e8%aa%bf%e8%a3%bd%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f%e3%80%82%e3%80%8d.html/trackback

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)