湘央医学技術専門学校・湘央生命科学技術専門学校

応用生物科学科BLOG

2022年1月26日アーカイブ

バイオ通信No.2359「バイオインフォマティクス3」

みなさん、こんにちは。

今回は、バイオコース2年生のバイオインフォマティクスの授業の様子をご紹介します。

 

今回の授業では、分子構造をグラフィカルに表示するソフトRasMolの練習を行いました。

今回使用した分子は、バイオテクノロジーと言えばで、浮かんでくる1つに含まれると思います。

遺伝子(DNA)をグラフィカルに表示してみました。

DNAは、糖・塩基・リン酸を構成成分として含んでいます。

 

学生にとっても分子構造としてわかりやすいと思います。

今回使用したデータは、Protein Data Bank(PDB)のサイトでは、

こんな感じに表示されています。

オレンジ色と緑色で表示されているのがDNAの構造です。

 

このデータをRasMolで読み込むとこんな感じになります。

背景は黒色、分子構造は針金状で表示されます。右側のらせん状の構造がDNAです。

 

この構造をRasMolで学生にはこんな感じで表示してもらいました。

DNAだけの構造にしています。さらに塩基ごとに色を変えています。

今回は、RasMolを体験していただきました。

無償のソフトなので機能には制限がありますが、

分子構造をグラフィカルに表示することができました。

2年生のみなさん、次回は、もう少し頑張っていきますよ。

 

↓↓クリックお願いします