湘央医学技術専門学校・湘央生命科学技術専門学校

応用生物科学科BLOG

  • Entry Date
  • 2019.8.27

バイオ通信No.2004「ドクダミ化粧水を作りました。2」

2年生の香粧学でドクダミ化粧水を作りました。
 
大量にドクダミをすりつぶしたら。。。

 
ガーゼにくるんで絞ります。

 
ビーカーへ集めます。


 
絞り汁は遠心し抽出液を集めます。
バランスはちゃんととってね。

 
緑の沈殿があります。
高速で遠心分離すると上清(ドクダミ青汁)はもっと透明になります。

 
ドクダミ青汁とレモンの絞り汁にグリセリンを混ぜたもの、ドクダミ青汁と日本酒を混ぜたものの、2種類の化粧水の出来上がりです。
出来たてはまだドクダミの臭いが残っていますが、しばらくするとにおいは消えてしまいます。
お風呂でつけて、洗い流すタイプの化粧水です。

 
ドクダミ化粧水の主な成分は、デカノイルアセトアルデヒド、クエルシトリン、クロロフィルです。
 
デカノイルアセトアルデヒドはドクダミの特有な臭い成分ですが抗菌・解毒作用があります。皮膚に出来た吹き出物などの改善に効果を発揮します。
クエルシトリンは毛細血管を強化して血液の循環を盛んにし、皮膚の新陳代謝を活発にして皮膚の再生を旺盛にします。
クロロフィルは傷ついた皮膚を修復し、滑らかな皮膚を作るのに役立ちます。
 
ドクダミがお庭に生えてお困りでしたら、化粧水作ってみませんか?
 
↓↓クリックお願いします

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2019/08/%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%aa%e9%80%9a%e4%bf%a1no-2004%e3%80%8c%e3%83%89%e3%82%af%e3%83%80%e3%83%9f%e5%8c%96%e7%b2%a7%e6%b0%b4%e3%82%92%e4%bd%9c%e3%82%8a%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f%e3%80%82%ef%bc%92.html/trackback

コメント(2)

  1.  | 
    質問です。🥺 どくだみ化粧水を自作して使用しています。中身はドクダミ アロエ 酒 グリセリンを漬け込みですが、 洗い流さずに使ってました。 洗い流した方がいいのですか? 乾燥したどくだみは、やめといた方がいいのですか?
  2.  | 
    藤本様 お寄せいただきましたコメントへの返信がたいへん遅くなり、申し訳ありませんでした。 担当のUT先生から以下の回答を受けました。 参考にしていただけましたら幸いです。よろしくお願い申しあげます。 ドグダミ化粧水の使用方法ですが、入浴時に使用して約10分ぐらい塗布してから放置し、そのあと軽く洗い流してください。 ドグダミは生のままのほうが、成分が生かされて効果が高いと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)