2017年2月15日アーカイブ

バイオ通信 No.1688「モノクローナル抗体の作製」

みなさん、こんにちは。

 

だいぶ前に行った実習のことになってしまいましたが、2年生の免疫化学実習で、モノクローナル抗体の作製を行いました。

 

マウスへ抗原を何回か投与します。

すると、マウスの身体の中で免疫機構が働いて抗体が産生されます。

抗体を産生するB細胞(形質細胞)を培養すれば、抗体が得られます。

 

でも、この細胞は正常細胞なのでしばらくすると、寿命になります。

あまり、抗体が得られません。

 

そこで、不死化の能力を持つ癌細胞(ミエローマ細胞)と細胞融合を行って、どんどん増殖できて抗体を産生する細胞(ハイブリドーマ)を作りました。

融合した後は、HAT培地へ浮遊させて培養しました。

 

2週間後、ハイブリドーマが増えているか倒立顕微鏡で観察しました。

161025-4

 

↓↓クリックお願いします


続きを読む:バイオ通信 No.1688「モノクローナル抗体の作製」