湘央医学技術専門学校・湘央生命科学技術専門学校

応用生物科学科BLOG

2015年11月26日アーカイブ

バイオ通信No.1518「化学実習4」

みなさん、こんにちは。
 
今回の化学実習は、中和滴定です。
アルカリ混液(水酸化ナトリウムと炭酸ナトリウムの混合液)を定量しました。
 
まずは、活栓ビュレットの準備の様子から。
15112003-12 15112003-01
15112003-07 15112003-08
 
最初に、活栓ビュレットの空気抜きをします。こちらはちょっと失敗。
中途半端に空気抜きをしてしまうと、完全に抜けません。
15112003-02 15112003-03
 
こちらが成功。どういうわけか、ピースサイン。
15112003-04
 
今回は、水酸化ナトリウム液の標定→塩酸の標定→アルカリ混液の定量の順に、行っていきます。
 
最初は、水酸化ナトリウム液の標定です。
pH指示薬(フェノールフタレイン)を使用して、無色から紅色の変化をみます。
15112003-05 → 15112003-06
次に、塩酸の標定です。同様にフェノールフタレインで無色から紅色の変化をみます。
 
そして、いよいよアルカリ混液の定量です。
 
↓↓クリックお願いします


続きを読む:バイオ通信No.1518「化学実習4」