• Entry Date
  • 2012.7.31

バイオ通信No.1025 「生化学実習6-2」

みなさん、こんにちは。

前回のゲルろ過の続きです。JulTko.gif

改めまして、実習の目的は、アミラーゼの分子量測定です。

前回は、色ばかりが気になってしまい、本題を忘れるところでした。すみません。

今回測定するアミラーゼは、唾液中に含まれるアミラーゼです。

したがって、当然、色はついていません。

色つきの物質と混ぜて、ゲルろ過をしたので、当然、分離はされているのですが・・・。

 

はて?はて??

アミラーゼは、どこに???

12071103-21.jpg

"デンプン"で閃いたら↓↓クリックお願いします


アミラーゼは、消化酵素でデンプンを分解します。

今回はこれを利用して、アミラーゼの場所を特定しました。
 
しかし、デンプンが分解されたことは、どうやって確認するの?
これも有名な反応を利用します。
 
デンプンの検出方法のヨウ素-デンプン反応です。
ヨウ素とデンプンが反応して、紫色(青紫 ~赤褐色)になります。
デンプンがないと紫色(青紫 ~赤褐色)になりません。
 
結果は、
12071103-23.jpg 12071103-18.jpg
紫色の部分と透明な部分を発見!
無事にアミラーゼの位置を確認でき、分子量を求めることができました。
2年生のみなさん、お疲れ様でした。
おまけ
50本ほどの試験管を並べて確認した班もありました。

確認できたかな?
12071103-19.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2012/07/no-2-2.html/trackback

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)