• Entry Date
  • 2012.7.25

バイオ通信No.1022 「生化学実習6-1」

みなさん、こんにちは。JulTko.gif

今回の生化学実習は、ゲルろ過法を用いて、アミラーゼの分子量測定をしました。

ゲルろ過法は、分子の大きさの違いによって分子を分ける方法です。

特徴は、小さい分子より先に大きい分子から分離されてくることです。

まずは、カラムにゲルを詰めることから始めました。上手く分離ができるか重要なポイントですね。

12071103-03.jpg

カラムにゲルを詰めたら、サンプルをのせて、分離の開始です。

分離状況を確認するために、色つきの物質を使います。

今回は、青色、赤色、黄色です。

12071103-05.jpg

さて、問題です。

問題 一番大きい分子は何色でしょう?

答えは、実習の続きから!!!!!

カンで見事、正解!!↓↓クリックお願いします


開始後、早速、分離し始めました。

12071103-06.jpg 12071103-07.jpg
一番大きい分子は、青色でした。正解者には拍手!!!

2年生も分離の様子を見て、びっくり!
講義だけではなく、実際に見ると違うんですね。
 
さらに分離が進むと、うっすらと赤色の上に黄色があります。
12071103-09.jpg 12071103-12.jpg
分離したものを一定量ずつ分取しました。
青色、赤色、黄色に分離されています。
12071103-08.jpg 12071103-13.jpg
色ばかりに気をとられて、忘れていました。
今回は、アミラーゼの分子量測定でした。すみません。
 
では、この続きは、気を取り直して次回でお願いします。あしからず。m(__)m

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2012/07/no-1.html/trackback

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)