Tag Archives: バイオテクノロジー

バイオ通信No.2046「バイオインフォマティクス3-2」

みなさん、こんにちは。

 

前回、ご紹介しましたバイオコース2年生のバイオインフォマティクスの授業で使用したRasMolの続きです。

 

それでは、2年生の力作?第2弾をご覧ください。

 

今回は、タンパク質の特徴をシンプルな感じで表現したようです。

タップ、クリックに慣れている学生にとっても、ちょっと大変だったようです。

 

授業もあと少し。

2年生のみなさん、頑張っていきましょう。

 

↓↓クリックお願いします

 


バイオ通信No.2045「化学実習6」

みなさん、こんにちは。

 

バイオコース1年生の化学実習もあと2回。

今回は、ローテーション実習の3回目になります。

それでは、実習の様子をご覧ください。

 

データまとめ中。データ量がちょっと多いので黙々とまとめています。

 

こちらは、操作中。測定数も少ないので、少し余裕があるようです。

時間を正確に計る必要があるため、少し緊張気味です。

 

今回の実習で、化学実習の内容は終了しました。

次回は、実技試験です。

1年生のみなさん、頑張ってくださいね。

 

↓↓クリックお願いします

 


バイオ通信No.2044「2019年度 バイオ就職内定者紹介 その1」

みなさん、こんにちは。

 

これから、当学科バイオコース2年生の内定者紹介をしていきます。

 

就職内定者紹介の初回は、ニプロ株式会社から内定をいただいているIMさんをご紹介します。

 

それでは、IMさんにインタビューしてみましょう。

 

「就職活動はどうでしたか?」

私の受験した企業は、採用試験として筆記試験と面接(2回)がありました。

筆記試験対策としては書店でSPI対策本を買い、毎日勉強しました。

面接対策は春休みにほぼ毎日学校に通い、多くの先生と面接練習を行いました。

最初は人に説明することや順を追って話すことに慣れていなくて、言いたいことの1割も言えていませんでしたが、だんだん自分の言いたいことを言えるようになりました。

その練習の成果が出て、面接ではしっかりと自分が伝えたいことを面接官に伝えられたと思います。

 

「卒業後はどんな仕事に携わりますか?」

細胞培養技術者として、再生医療にかかわる仕事をします。

脊髄損傷治療のために、患者様自身の細胞をお預かりして、それを培養する仕事に携わる予定です。

 

「将来の夢は?」

再生医療を通して、いろいろな意味で人の役に立つ人間になりたいと思っています。

 

「ブログを見てくれている人へのメッセージ」

再生医療には、無限の可能性があります。

あなたも再生医療で社会に貢献してみてはいかがでしょうか!?

 

↓↓クリックお願いします

 


バイオ通信No.2043「生細胞数の測定」

みなさん、こんにちは。

バイオ1年生の実習で、浮遊細胞の生細胞数測定を行いました。

 

浮遊細胞を培養しているカルチャーボトルから、一定量の細胞浮遊液を無菌的に分取し、

その細胞浮遊液とトリパンブルーを混ぜ、血球計算盤で生細胞数のカウントを行いました。

 

これは、実際の鏡検像です。

 

細胞数が少し少ないようですが、白い小さな丸いものが、コンディションのよい、生きている浮遊細胞です。

実際にはもっと光っていて、「元気だぞ!」というのが、強く感じられます。

 

逆にコンディションが悪い細胞は、染色されて青く、小さく見え、いかにも元気がなさそうに観察されます。

今回は培養操作が上手だったので、ほとんどコンディションが悪い細胞は観察されませんでした。

 

細胞によっては培養が難しい細胞もあるので、しっかりと細胞と対話しながら培養できるようになれるといいですね。

 

↓↓クリックお願いします

 


バイオ通信No.2042「動物細胞の継代」

みなさん、こんにちは。

 

だいぶ前の実習ですが、バイオ1年生が動物細胞の継代操作の実習を行いました。

 

まずは、asa先生のデモを見て・・・

 

操作のポイントをしっかりと覚えていきます。

 

簡単そうに見えて、操作中にチェックしなければならないポイントがいくつもあります。

 

しっかりと覚えられましたでしょうか?

 

デモのあとは実際に操作を行いました。

倒立顕微鏡で継代後のカルチャーボトルを観察・・・

 

適正な細胞数にしっかりと継代できたでしょうか?

 

↓↓クリックお願いします

 


バイオ通信No.2041「バラの花」

みなさん、新年明けましておめでとうございます

 

さて、元旦のお年賀のあとの新年1回目は美しいバラの花で目の保養を・・・

 

季節外れなどの突っ込みは、なしでお願いします。

そういえば昔々、「バラの組織培養条件を確立するために頑張ったことがあるな。」と懐かしい思い出が浮かびました。

 

本年も応用生物科学科とバイオ通信、わんにゃん通信をよろしくお願い申しあげます。

 

↓↓クリックお願いします

 


バイオ通信No.2040「新年明けましておめでとうございます!」

新年明けまして おめでとうございます !!!

令和2年がスタートしました

 

今年は「ねずみ年」ですね

 

みなさんにとって 今年がよい年になるといいですね

今年も 応用生物科学科ブログ  をお願い申しあげます

 

1月6日(月)より 定期的な更新を再開します

お楽しみに・・・

 

↓↓クリックお願いします

 


バイオ通信No.2038「バイオインフォマティクス3-1」

みなさん、こんにちは。

 

バイオコース2年生の授業で、RasMolを使って、タンパク質の立体構造をグラフィックに表現してみました。

RasMolは、コマンド入力による操作なので、2年生も四苦八苦していましたが、

短い時間で可能な限り表現をしてみました。

 

時間が短かったので、まだ未完成の2年生もいますので、順次紹介したいと思います。

 

RasMolは、比較的簡単に立体構造をグラフィックに表現できます。

では、次回をお楽しみに!!!!!

まだ未完成の2年生のみなさん、頑張ってくださいね。

 

↓↓クリックお願いします

 


バイオ通信No.2037「バイオ技術者認定試験に向けて」

みなさん、こんにちは。

 

12月17日(火)に応用生物科学科の年内の授業(所定のカリキュラムの授業)は終了しましたが、バイオコース2年生は、12月22日(日)のバイオ技術者認定試験に向けて、対策授業で特訓を受けています。

 

直前ということもあり、いつも以上に真剣に聞いているようです。

 

 

笑顔も見えますが、

 

誰もが真剣に耳を傾けているようです。

 

少しずつ平均点が上がってきていますが、

 

油断することなく、本番まで突き進みましょう。

 

頑張れ!!バイオコース2年生!!!

 

追伸 このメンバーが全員ではありません。

12月18日(水)~12月20日(木)の日程で開催されているオープンスキーに参加している学生もいるのです。

参加者は、昼間はスキー・スノーボードを楽しみながら、スキー場の行き帰りのバスの中を中心にバイオ技術者認定試験の勉強をしています。

asa先生が引率ですが、北海道の地で指導している姿が目に浮かびます。(笑)

 

↓↓クリックお願いします

 


バイオ通信No.2036「2019年度 実験動物2級技術者資格認定試験結果」

みなさん、こんにちは。

 

公益社団法人日本実験動物協会より、2019年度 実験動物2級技術者資格認定試験の合否通知が届きました。

 

この試験は、8月4日の学科試験、11月23日の実技試験の両試験に合格する必要がありますが、当学科バイオコース2年生の3名は全員合格することができました。

また、現状では順位は不明ですが、上位5名が表彰される成績優秀者表彰(専門学校の部)に2名が入ることができました。

これで11年連続の全員合格をはたすことができました。

 

今年度もご指導くださったNY先生と卒業生講師のみなさん、ありがとうございました。

 

↓↓クリックお願いします