湘央医学技術専門学校・湘央生命科学技術専門学校

応用生物科学科BLOG

カテゴリ「バイオコース」の記事

バイオ通信 No.2393「形質転換」

2年生の遺伝子工学実習ではプラスミドによる大腸菌の形質転換を行いました。

始めに培地を調製します。

 

久しブリブリ培地調製。

 

オートクレーブで滅菌します。条件は121℃、2気圧、15分です。

滅菌中に培地へ添加する抗生物質を調製します。

抗生物質溶液はろ過滅菌をしておきます。

 

ディスポーザブルフィルターディスクをシリンジへ取り付けます。

 

内筒を押して滅菌チューブへ溶液をろ過します。

 

滅菌が終わった培地を50℃程度に冷まし、抗生物質を無菌的に添加します。

その後、滅菌シャーレへ培地をまいていきます。

培地が出来たら形質転換操作を行います。

プラスミドとコンピテントセル(大腸菌)を混和し、ヒートショックを与えます。

その菌を液体培地で1時間前培養して培地へ塗り広げていきます。

コンラージ棒でくるくるくるくる塗り広げます。

 

37℃、一晩培養します。

コンピテントセルに使った大腸菌は薬剤感受性菌なので、

抗生物質が添加されている培地では増殖することが出来ません。

移入するプラスミドは抗生物質耐性遺伝子を持っています。

 

形質転換によりプラスミドが大腸菌へ移入されればプラスミドが

持っている遺伝子により大腸菌は形質が換わって抗生物質が添加されている培地に

増殖することが出来るようになります。

結果はどうなるでしょうか。

 

↓↓クリックお願いします

 


わんにゃん通信No.1294「生化学実習3」

みなさん、こんにちは。

2年生動物看護コースの生化学実習の様子をご紹介します。

ちょっと写真が多いですが、ご覧ください。

 

バイオコースと同じ内容を行っているのですが、今回は、内容の異なる実習を行いました。

今回は、これからの生化学実習で使用する機器について実習を行いました。

まずは、今回使用する機器の準備です。

実際に機器を使用しながらの説明です。

さすが、2年生ですね。しっかりメモをとって、しっかり見える位置に移動。

 

分析機器は、動物看護コースのみなさんにも大切な機器です。

疑問に思ったことは、しっかり質問をして理解しておきましょう。

 

説明後、実際に操作をしていきます。操作の確認もお忘れなく!!!

 

今回は、分析機器の使用方法だけではなく、反応する物質と反応しない物質などを盛り込んでみました。

 

分析後、結果のまとめです。測定データの一覧表をつくったり、グラフの作成をしました。

 

今回の実習は、測定データを取り扱いもあり、細かい操作もあり、大変だったと思います。

普段の実習とは、ちょっと異なる実習ですが、元気に取り組んでいました。

動物看護コースの2年生のみなさん、今回の分析機器は、

今後の生化学実習でよく使用しますので、忘れないようにしっかり確認をしてくださいね。

 

↓↓クリックお願いします

 


バイオ通信No.2392「生化学実習3」

みなさん、こんにちは。

今回の実習は、バイオコースと動物看護コースは、分かれて実習を行いました。

2年生の生化学実習もいよいよ酵素の実習が始まりました。

 

今回は、バイオコースの酵素実習の始まりです。

では早速、実習の様子をご覧ください。

 

まずは、手順の計画です。しっかり立ててくださいね。

 

そして、操作に入っていきます。

 

酵素の実習は、予備実験から始まります。結果は、こんな感じになりました。

多少不安な予備実験の結果はありましたが、無事に確認出来ました。

 

この結果を元に本実験を行いました。本実験の結果です。

 

この本実験の結果を元にして酵素の実習があと3回続きます。

とっても大切な結果ですので、忘れずに、しっかり頑張っていきましょう。

 

↓↓クリックお願いします

 


バイオ通信No.2391「今年度もはじまりました!」

みなさん、こんにちは。

4月23日(土)から今年度も「応用実験動物学  Ⅰ 実習」がはじまりました。

 

この実習科目は選択科目で、実験動物2級技術者資格認定試験を受験予定の学生が主に受講しています。

指導する講師は5名で担当いただいておりますが、

全員が現役の実験動物1級技術者、実験動物技術指導員です。

初回の内容はマウスへの経口投与、腹腔内投与、皮下投与、尾静脈内投与とスメアテストです。

1年生の時にも基礎実験動物学実習(動物形態機能学実習)で経験した内容がほとんどですが、

手技の精度が求められますので、練習の質が違います。

 

スメアテストでは、各自の動物から採材して、染色します。

 

標本ができたら、鏡検により性周期の判定です。

 

スメアテストのスケッチと性周期の判定の根拠を自分で記入して、

先生とディスカッションするとともに投与に関しては、先生の前で実技を行い、評価を受けます。

選択科目でもあるので、現場でも通用する技術を身につけてくださいね。

 

↓↓クリックお願いします

 


バイオ通信No.2390「生化学実習2」

みなさん、こんにちは。

2年生の生化学実習の2回目は、RNAの分離を行いました。

今回は、少し実習操作の様子もご覧ください。

 

前回と同様に今回もブタの肝臓を使用します。

まずは、細胞を破砕していきます。

 

遠心します。

 

上清に試薬を入れて、RNAを抽出していきます。

 

動物看護コースの2年生は、楽しみながら実習を行っているようです。

 

逸れてしまいましたが、遠心後になります。

 

上清をさらに遠心します。

 

しっかり記録も残していました。

 

上清を回収します。

 

さらに試薬を入れて、いよいよ抽出です。

細かい沈殿が析出しますので、遠心します。

ちょっとわかりづらいですが、少し白っぽくなっているのがわかりますか。

これがRNAです。

今回も無事、RNAが分離できました。

 

2年生のみなさん、お疲れ様でした。

 

↓↓クリックお願いします

 


わんにゃん通信No.1295「お散歩」

こんにちは。

暖かい日が続くようになりました。

暑いと感じる瞬間も増えてきた今日この頃。

 

動物看護コース1年生の「動物飼育管理実習Ⅰ」の授業にて、天気が良かったので、

全員で学校犬のお散歩コースの確認のためにを犬無しで回ってきました。

近くの公園のちょっとした山を登って下ります。

その途中でハイチーズ♥

これから学校犬&猫のお世話 よろしくお願いします。

 

↓↓クリックお願いします

 


バイオ通信No.2384「1年生合同実習」

みなさん、こんにちは。

 

授業が始まり、最初の金曜日に1年生は合同実習を行いました。

今回は、ガラス器具の洗浄法と試薬調製法を行いました。

最初に説明を受けます。

 

そして今回行う実習のデモが始まります。

各自メモ帳を持って、デモが見える位置に移動します。みんな、しっかり出来ていますね。

 

そして、各自それぞれ実習を行いました。

みんなが実習している様子も写真に撮られていました。

 

今回は、合同実習で、1日実習になりましたが、1年生のみなさん、しっかり出来ましたか。

ガラス器具の洗浄や試薬調製は、しっかりと出来ないと困りますからね。

しっかりと取り組んで行きましょう。

 

↓↓クリックお願いします

 


わんにゃん通信No.1288「授業の様子」

こんにちは。

 

新学期が始まり、1年生も2年生も一生懸命授業に取り組んでます。

動物看護コース2年生の「動物医療コミュニケーション」の授業です。

新しく入学された1年生に向けて、学校犬&猫の性格や特徴をメンバー内で確かめあったり、

飼育当番時に伝えることなど確認しあいました。

みんな、学校犬や猫の事を用紙にびっしり書いてました。よく見てくれているなと感心♪

 

話は変わりますが、3号館の廊下に求人票が貼ってあります。

そこで目についたのがこちらの動物↓

ウサギ?チンチラ?

答えが書いてありました。この動物はヤマビスカッチャという動物らしいです。

 

初めて聞いた!との事で、早速画像検索してみると

なんともイラストが激似!

とても可愛らしい動物です。埼玉の動物園でみられるそうで・・・気になります。

 

↓↓クリックお願いします

 


バイオ通信No.2382「生化学実習1」

みなさん、こんにちは。

応用生物科学科2年生の共通科目の生化学実習が始まりました。

動物看護コースの学生には、今までの動物看護系の実習とは違う感覚で取り組んでもらいました。

 

今回の実習は、DNAの分離です。

いつもなら、実習の様子をご覧いただくのですが、今回は、実習中の様子が全く撮れませんでした。

すみません。ということで、今回は、こんな感じで実習がスタートしました。

 

先ずは、動物看護コース側のみなさんです。

 

次はバイオコース側のみなさんです。

 

まだまだ、カメラ目線はしてくれませんが、このブログで実習の様子をご紹介したいと思います。

実習の方は、両コースとも、無事にDNAを分離できました。

2年生のみなさん、頑張っていきましょう。

 

↓↓クリックお願いします

 


バイオ通信 No.2369「プラスミドの調製」

1年生の遺伝子操作学実習でキットを使用してプラスミドを調製しました。

前培養したプラスミド保有菌液をマイクロチューブへ入れてます。

 

次に微量高速遠心機で遠心して。

 

集菌します。

 

プラスミドは細菌の中に存在する染色体DNAとは独立に自己複製能力をもつDNAです。

 

上清を取り除き、bufferに菌体を再浮遊します。

 

Lysis Bufferを加えて溶菌させます。Lysis Bufferを加えると溶液は青に変わります。

 

Neutralization Bufferを加えて、溶液を中和します。

 

青い色がなくなるまでしっかりと混ぜます。

 

遠心して上清をカラムへ移します。

カラム中のメンブレンへにDNAを吸着させてから、メンブレンを洗浄・乾燥します。

 

カラムへTE bufferを加えてDNAを溶出したら出来上がりです。

プラスミドが調製できたら、アガロースゲル電気泳動を行います。

 

キットを使用するとあっという間に調製できますね。

便利、便利(^^)/

 

↓↓クリックお願いします