湘央医学技術専門学校・湘央生命科学技術専門学校

応用生物科学科&愛玩動物看護学科BLOG

カテゴリ「バイオコース」の記事

バイオ通信No.2873「生化学実習3~酵素編~」

みなさん、こんにちは。

 

今回から4回、

2年生の生化学実習では、

酵素の実習が始まります。

 

初回は、

これから使用する酵素の活性を測定しました。

 

使用する酵素は、

アルカリ性ホスファターゼという酵素です。

 

では、実習の様子をご覧ください。

 

1年生のときに化学実習で

酵素の活性測定をしていますが、

そのときは測定だけでした。

 

今回は、酵素を使用していきますので、

今後の実習計画から考えていただきました。

 

試薬の調製をしつつ、

班員と相談して計画を立てていきます。

 

なかなか上手く計画が立たず、

お悩み中もありましたが、

今回の活性測定がスタートしました。

 

酵素反応中です。

酵素の濃度の違いにより、

黄色の濃さが異なります。

 

酵素反応を停止後、

吸光度を測定します。

 

吸光度を測定中。

計画通り、

順調に進んでいるようです。

 

余裕のポーズ?

 

春休みの影響か、

まだまだ実験の勘が鈍っているようですが、

さすが2年生。

 

少し早めに終了しました。

 

今回の測定結果をもとに

次回からの実習は進んでいきますので、

しっかり頑張っていきましょう。

 

↓↓クリックお願いします


バイオ通信No.2868「生化学実習2」

みなさん、こんにちは。

 

今回の生化学実習はRNAの分離です。

 

まだ始まって2週目に入ったばかりですで、

春休み気分が抜けていないようです・・・。

 

長い撹拌時間では、

こんな感じですが、しっかり取り組んでいます。

 

それでは、今回の実習の流れをご紹介します。

 

RNAは細胞の中にありますので、

まずは細胞を壊し、遠心をします。

 

上清(赤い溶液の部分)をとり、

タンパク変性剤を加えて、撹拌します。

 

撹拌後、しばらく放置すると、層に分かれてきます。

 

これを遠心すると、3層に分離します。

 

ちょっとわかりづらいですが、

一番上に少し濁った白い上清、

真ん中に白い層(タンパク質が変性したもの)、

一番下に有機溶剤(タンパク質変性剤)の層ができます。

 

一番上の層(少し濁った白い液)に

アルコールを加えると、沈殿が生じてきます。

 

しばらく放置すると、沈殿が沈んできます。

 

これを遠心します。

 

遠心管の材質が白いので、

かなりわかりづらいですが、

遠心管の底に沈殿があります。

 

ちょっと濃い白色になってます。

 

この沈殿が、RNAになります。

最後にRNAを回収して乾燥して保存しました。

 

久しぶりの実習なので、

1回目(DNAの分離)、

2回目(RNAの分離)で肩慣らしをしていただきました。

 

来週から、酵素の実習になります。

 

2年生のみなさん、

マイクロピペットの操作になりますので、

しっかり取り組んでいきましょう。

 

~おまけ~

うっかりでしたが、

しっかりリカバリーしました。

 

さすが2年生ですね。

 

うっかり部分はご想像にお任せします。

 

↓↓クリックお願いします

 


バイオ通信No.2854「書籍教材に写真が掲載されました!」

みなさん、こんにちは。

 

今日から4月、新年度のはじまりです。

 

気持ちの切り替えをするには、

とてもよい時期ですね。

 

新たな気持ちで、

今年度も頑張っていきましょう!

 

2024年3月10日に実教出版株式会社から出版された

「サイエンスビュー 生物総合資料」に・・・、

 

当方で撮影したニンジン組織培養の写真が、

掲載されています!

 

写真・資料提供者として、

学校名も巻末に記載いただいています。

 

高校の生物の授業で副読本として、

利用されていると思うのですが、

少し社会貢献できているようで、

なんだかうれしい気持ちになりますね。

(みなさんもこの教材を使っていましたか?)

 

↓↓クリックお願いします


バイオ通信No.2852「心のこもった花束をいただきました!」

みなさん、こんにちは。

 

3月13日(水)の卒業式の時に、

バイオコース卒業生から花束をいただきました。

 

写真左のブルーの花束はtake先生へ、

中央のオレンジの花束はhanaへ、

右のピンクの花束はasa先生への花束で、

それぞれイメージカラーで選んでくれたそうです。

 

バイオコース卒業生のみなさん、

心のこもった花束をありがとうございました。

 

みなさんはもうすぐ社会人として、

または大学生としての新しい生活がはじまりますね。

 

しばらくは慣れない環境に戸惑うこともあると思いますが、

そのうちそれにも慣れて、リズムができていきます。

 

それまでは身体的にも精神的にも

疲れがたまると思いますが、

しばらくは我慢ですね。

 

学校のことを思い出し、甘えたくなったら、

asa先生やtake先生に連絡をしてみては

いかがでしょうか。(笑)

 

いつでもみなさんを

温かく見守っていますし、

応援しています。

 

卒業生のみなさんへ・・・

愛を込めて

 

あなたのもう一つの家・・・

応用生物科学科より

 

↓↓クリックお願いします


バイオ通信 No.2850「卒業祝賀会といえば。。。」

卒業祝賀会といえば。。。

 

長年、バイオ通信を見ていただいている方々、卒業生は、

「またあれか。」とお思いでしょうが。。。

 

久しぶりの光景が。。。

 

take先生、健在です。

 

カメラを向けても忙しいので、こちらを向いてくれません。

 

完食です!

やっと顔を上げました♡

 

おかわりの作製中です。

 

ルーをかけます。

こぼさないように慎重に・・・。

 

出来上がり?

m先生が!Σ(゚Д゚)する中、

take先生の右手はトッピングを探してますね。

 

何事も真剣に取り組むtake先生です。

 

↓↓クリックお願いします


バイオ通信 No.2849「2023年度 卒業祝賀会」

2023年度卒業祝賀会は、

久々に保護者の方、講師の方も招いて開催しました!

 

卒業祝賀会は、

父母の会に主催していただいています。

 

お料理、美味しそうですね!

 

唐揚げ、ラザニア、デザートは、

すぐになくなっていきました・・・。

 

カレーも人気メニューの一つです。

 

Y先生と一緒に。

 

2年間はあっという間でしたね。

4月からは次のステップがスタートです。

 

たまには、学校へ遊びに来てくださいね!(^^)!

 

↓↓クリックお願いします

 


バイオ通信 No.2848「2023年度 卒業式」

2024年3月13日は、本校の卒業式でした。

 

応用生物科学科はバイオコース9名、動物看護コース24名、計33名が湘央生命科学技術専門学校を巣立っていきました。

 

集合写真ではポーズ決めが大切です。

 

なぜか毎年花をくわえます(^^♪

 

今年は講師の先生方も、お祝いに来てくださいました!

 

バイオコース

 

動物看護コース

 

卒業おめでとうございます!

 

今年度は卒業祝賀会も行われました。

 

会場へ移動してください。。。

2階となります。。

 

↓↓クリックお願いします

 


バイオ通信No.2847「問題集出版のご紹介」

みなさん、こんにちは。

 

2月22日(木)に、

「毒物劇物取扱者オリジナル問題集 改訂新版」が技術評論社から発売されました。

 

この問題集は、私 hana とtake 先生が執筆し、

先に出版されている「毒物劇物取扱者オリジナル問題集」を

リニューアルしたものです。

 

様々な形式で出題される「毒物劇物取扱者試験」の問題に慣れながら、

基本的な事項をしっかりと体系的に

マスターしてもらうことを目的として、作成しています。

 

ご好評をいただいている「第3版 毒物劇物取扱者合格教本」と、

付録のダウンロード資料「暗記プリント」で覚えた知識を確認するのに有効ですし、

問題集単独でも基礎知識の習得には、

充分な力を発揮するものになっているのではないかと思っています。

 

この問題集は赤色のチェックシート(下敷等)で、

重要事項が消えるようになっていますが、

(私は目を見開いて見えないかどうか確認してしまうタイプですが、

うっすら見えます。すみません)、

チェックシートは付属していません。

 

重ね重ね、ごめんなさい。

書店等で見かけた際には、ぜひ、立ち読みしてみてください(笑)。

 

↓↓クリックお願いします


バイオ通信No.2846「就職決定者紹介 その2」

みなさん、こんにちは。

 

前回に引き続き、

ブログ掲載を承諾してくれた就職決定者を紹介いたします。

 

就職決定者紹介の2人目は、

日興産業株式会社に入社が決まっているONさんをご紹介します。

 

それでは、ONさんにインタビューしてみましょう。

 

―――「就職活動はどうでしたか?」

 

私はもともとあがり症で、自己PRが不得意でした。

そのため、面接には不安がありました。

 

ですが、そのことをキャリア支援室の方々へ相談したところ、

温かい励ましをいただきました。

 

キャリア支援室で面接練習を行い、

また、採用試験の面接では面接官にも恵まれ、

想像していたよりも安心して就職活動ができました。

 

―――「卒業後はどんな仕事に携わりますか?」

 

潤滑油や石油化学製品の、

品質管理や検査を行う業務に携わる予定です。

 

―――「将来の夢は?」

 

潤滑油や石油化学製品の品質管理や検査を通して、

社会を支え、人々のお役に立てる、

丁寧な仕事のできる人になりたいと考えています。

 

―――「ブログを見てくれている人へのメッセージ」

 

私はバイオコースの中で、一番最後に内定をいただきました。

 

自分が最後という焦り、自己分析が苦手ということもあり、

だいぶ就職活動に苦戦しました。

 

ですが、最後には、

とても雰囲気のよい会社から内定をいただくことができました。

 

就職も諦めずに挑戦していけば、

きっとよいご縁に巡り会うことができるはずだと私は思います。

 

ONさん、インタビューにご協力いただきありがとうございました。

これからのご活躍を心より応援いたします。


バイオ通信No.2845「就職決定者紹介 その1」

みなさん、こんにちは。

 

先日こちらのブログにて、

今年度の応用生物科学科バイオコース卒業者の

進路が全員決定したことをご報告いたしました。

 

その中の一部ではありますが、

ブログ掲載を許可してくれた就職決定者をご紹介します。

 

今年度の就職決定者紹介の一人目は、

日揮ユニバーサル株式会社に入社が決まっているKYさんをご紹介します。

 

それでは、KYさんにインタビューしてみましょう。

 

―――「就職活動はどうでしたか?」

 

初めての就職活動ということもあり、最初は勝手がわからず、

就職の幅を狭めすぎてしまい、なかなかうまく進まずにいました。

 

しかし、先生方よりいろいろなアドバイスをいただき、

日揮ユニバーサル株式会社へエントリーすることを決めました。

 

会社説明会に参加し、採用試験に進むと、

先生方と共にキャリア支援室の職員の方々が、

履歴書添削や面接練習などを通し、的確なアドバイスをくださいました。

 

先生方、キャリア支援室の方々のご協力もあり、

無事に内定を勝ち取ることができました。

 

―――「卒業後はどんな仕事に携わりますか?」

 

日揮ユニバーサル株式会社は、

石油精製・石油化学用触媒、環境浄化用触媒など、

私たちの身近で利用されている様々な触媒を生産して、

環境問題の解決にも貢献している会社です。

 

私は、触媒の試験分析の業務に携わる予定です。

 

―――「将来の夢は?」

 

将来の夢は、まだ具体的には決めかねています。

ですが、仕事をしながら、学びを重ね、

具体的な将来の夢を見つけたいと思っています。

 

―――「ブログを見てくれている人へのメッセージをお願いします。

 

湘央学園では数多くの資格を取得することができたため、

就職に対し大きな不安なく、スムーズに進めることができました。

 

自分が前向きに取り組めば、

就職活動も結果が必ずついてくるのだと思います。

 

KYさん、インタビューにご協力いただきありがとうございました。

これからのご活躍を心より応援いたします。

 

↓↓クリックお願いします