湘央医学技術専門学校・湘央生命科学技術専門学校

応用生物科学科BLOG

  • Entry Date
  • 2020.7.20

バイオ通信No.2094「生化学実習ー卵白アルブミン」

みなさん、こんにちは。
 
2期も始まり、生化学実習はコース別の実習になりました。
バイオコースの今回の実習は、卵白アルブミンの分離を行いました。
 
手順の流れのご紹介です。
最初に卵を卵白と卵黄に分けます。
毎年のことですが、意外と上手に卵白と卵黄に分けられるみたいです。

 
pHの調整を行います。pH指示薬で行うのですが、判別がなかなか難しいので、
pH試験紙も使用しました。


 
酢酸を加えて調整します。


 
次に卵白グロブリンの除去します。塩析(硫酸アンモニウム)を利用します。


 
上清に硫酸アンモニウムを加えます。卵白アルブミンが析出してきます。


 
そして最後に沈殿を少量の蒸留水で溶解し、透析(脱塩)を行います。

 
なかなか失敗のない実習ですが、今回も無事に卵白アルブミンを分離できました。
 
バイオコース2年生のみなさん、2期の生化学実習が始まりました。
頑張っていきましょう。
 
↓↓クリックお願いします

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2020/07/%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%aa%e9%80%9a%e4%bf%a1no-2094%e3%80%8c%e7%94%9f%e5%8c%96%e5%ad%a6%e5%ae%9f%e7%bf%92%ef%bd%b0%e5%8d%b5%e7%99%bd%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%96%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%80%8d.html/trackback

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)