• Entry Date
  • 2020.5.18

バイオ通信No.2081「プロトプラストを作りました。」

1年生の細胞組織学実習では、細胞融合を行います。

 

材料となるプロトプラストを調製しました。

プロトプラストとは主としてセルロースにより構成されている細胞壁にかこまれる植物細胞から細胞壁を取り除いた原形質体のことです。

 

今回の材料は青梗菜とレッドオニオンです。

 

青梗菜の葉っぱの裏面の薄皮をはがします。

 

少しメスで刻んでからはがれた面が酵素液へつかるようにシャーレへ入れます。

 

それぞれシャーレに入れたら、振盪しながら酵素反応させて細胞壁を壊していきます。

 

反応後、倒立顕微鏡で観察します。

 

↓↓クリックお願いします

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2020/05/%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%aa%e9%80%9a%e4%bf%a1no-2081%e3%80%8c%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%88%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%92%e4%bd%9c%e3%82%8a%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f%e3%80%82%e3%80%8d.html/trackback

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)