• Entry Date
  • 2019.11.5

バイオ通信No.2025「化学実習3」

みなさん、こんにちは。

今回のバイオコース1年生の化学実習は、グルコースの定量を行いました。

 

バイオサイエンス実習でも行った内容ですが、復習の意味を込めて、化学実習でも行いました。

 

準備をして、各自操作に取り掛かります。今回も各自で行いました。

 

少し忘れていることもあるのかな?

反応をさせることを忘れている学生もいました。

 

反応終了後の溶液です。段階的に色が濃くなっているのがわかりますか。

グルコースと反応すると赤色になります。グルコースの量が多いと赤色が濃くなります。

 

この反応液を分光光度計で測定します。

 

今回は、検量線を用いてサンプル(グルコース)の濃度を測定します。

反応後のサンプル溶液の赤色の濃さです。

 

今回は、大当たりサンプルを作成しました。反応後の大当たりサンプル溶液の赤色の濃さです。

大当たり学生は、ちょっとショックを受けていました。

 

最後にデータをまとめて終了です。

 

全員、無事にグルコースの定量ができました。

当然、大当たりの学生も定量することができました。

 

忘れていることを思い出しつつ、新しいことを学びつつ、しっかり考え、しっかり取り組んでいきましょう。

 

↓↓クリックお願いします

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2019/11/%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%aa%e9%80%9a%e4%bf%a1no-2025%e3%80%8c%e5%8c%96%e5%ad%a6%e5%ae%9f%e7%bf%92%ef%bc%93%e3%80%8d.html/trackback

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)