• Entry Date
  • 2019.10.25

バイオ通信 No.2019「アガロースゲル電気泳動」

1年生の遺伝子操作学実習ではプラスミドを材料にして、DNAの取扱い方、DNAの分離分析、遺伝子工学の基礎を学んでいきます。

今回はアガロースゲル電気泳動法によりプラスミドDNAの断片を分離します。

 

サンプルは分子量マーカーのλ-Hind Ⅲ digestとプラスミドです。

 

一人づつサンプルをアプライしていきます。

 

手が震えないようにしっかりと固定します。

 

サンプル溝から漏れないように慎重に。。。

 

マイクロピペットの取り扱い方も慣れてきましたね。

 

サンプルを入れ終わったら100Vで電気泳動開始です。

 

操作している姿も様になってきたようです(^^)/

 

アガロースゲル電気泳動は頻繁に行いますので

しっかりと覚えてくださいね♪

 

↓↓クリックお願いします

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2019/10/%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%aa%e9%80%9a%e4%bf%a1-no-2019%e3%80%8c%e3%82%a2%e3%82%ac%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%b2%e3%83%ab%e9%9b%bb%e6%b0%97%e6%b3%b3%e5%8b%95%e3%80%8d.html/trackback

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)