湘央医学技術専門学校・湘央生命科学技術専門学校

応用生物科学科BLOG

  • Entry Date
  • 2019.2.14

バイオ通信No.1937「プラスミドの調製 実技試験」

1年生の遺伝子操作学実習で実技試験がありました。
 
内容はプラスミドの調製とアガロースゲル電気泳動です。
 
試験時間は準備、試薬調製、後片付けなど含めて3時間です。

 
時間配分などを考えながら操作していきます。

 
プラスミドの調製方法はボイル法、アルカリ法どちらでも好きな方で行います。
操作法はすべて暗記して試験に臨みます。

 
操作した内容は、解答用紙へ記入して提出です。

 
電気泳動も一人づつ行います。

 
最後にプラスミドをアガロースゲル電気泳動にかけてプラスミドの有無を確認します。
バンドが見えたらOKです。

 
全体の流れを把握して実験できたでしょうか。
周りの様子をうかがって行動していた方もいたようですが。。。
今まで実習で操作してきた経験を活かして操作していたようです。
今までで一番きれいにプラスミドが取れた人も、いつもより上手に出来なかった人も2年になったらさらに上達するように実習に取り組みましょうね(^o^)
 
↓↓クリックお願いします

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2019/02/%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%aa%e9%80%9a%e4%bf%a1no-1937%e3%80%8c%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%9f%e3%83%89%e3%81%ae%e8%aa%bf%e8%a3%bd%e3%80%80%e5%ae%9f%e6%8a%80%e8%a9%a6%e9%a8%93%e3%80%8d.html/trackback

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)