• Entry Date
  • 2019.1.25

バイオ通信No.1928「バイオインフォマティクス5」

みなさん、こんにちは。

 

前回、ご紹介しましたバイオコース2年生のバイオインフォマティクスの課題が完成しましたので、2回に分けて、ご紹介します。

 

RasMolを使って、タンパク質の立体構造の特徴を表現してもらいました。

まだまだ、使い慣れていませんので、変なところもあると思いますが、ご了承ください。

それでは、早速。

 

ベロ毒素

 

ミオグロビン

 

インターロイキン

 

ヒトテロメアDNA

 

炭疽菌毒素

 

トロポニン

 

熱ショックタンパク質

 

まだまだありますが、長くなるので、次回にまた、ご紹介します。

ちょっと手を加えた程度のものもありますが、まだまだ使い慣れていないということで、ご了承ください。

 

↓↓クリックお願いします

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2019/01/%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%aa%e9%80%9a%e4%bf%a1no-1928%e3%80%8c%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%9e%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%af%e3%82%b9%ef%bc%95%e3%80%8d.html/trackback

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)