• Entry Date
  • 2018.12.26

バイオ通信No.1916「バイオインフォマティクス3」

みなさん、こんにちは。

 

バイオコース2年生のバイオインフォマティクスで、RasMolを使いました。

RasMolは、分子の立体構造を表示するグラフィックソフトです。

 

メニューからある程度操作をすることもできますが、コマンドを入力することでより細かな表示ができます。

クリッククリックに慣れている学生には、ちょっと大変な作業だったようです。

 

PDBのサイトから分子構造のデータをダウンロードします。

ダウンロードしたデータをRasMolで読み込みます。

 

読み込んだ分子構造は、細い線がいっぱいなこんな感じです。

 

背景を白色に変えて、分子構造に少し色をつけてみました。

 

今回は、タンパク質の分子構造なので、ヘリックス構造に色をつけてみました。

 

タンパク質の立体構造になってきました。

 

今回使用したタンパク質は、オキシミオグロビン(ヘムタンパク質で、鉄原子を含みます。)です。

 

ヘム鉄部分に色(赤色)をつけてみました。(写真が反射して、すみません。)

 

2年生のみなさん、はじめてのRasMolはいかがでしたか。

残りの授業でも出てきますので、コマンド入力に慣れていきましょう。

 

↓↓クリックお願いします

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2018/12/%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%aa%e9%80%9a%e4%bf%a1no-1914%e3%80%8c%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%9e%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%af%e3%82%b9%ef%bc%93%e3%80%8d.html/trackback

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)