湘央医学技術専門学校・湘央生命科学技術専門学校

応用生物科学科BLOG

  • Entry Date
  • 2018.7.23

バイオ通信No.1857「生化学実習11」

みなさん、こんにちは。
今回のバイオコース2年生の生化学実習は、ゲルろ過クロマトグラフィーです。
 
今回も、唾液アミラーゼの分子量を測定しました。
それでは、カラムにゲルを詰めるところからスタートです。
 
詰めすぎず、詰め足らずに注意しながら詰めていきます。



 
次にサンプルの塗布です。慎重に慎重に・・・。



 
そして、ここからが試練(?)の分取(分画)です。試練の話はまた後で・・・。
 
1mLずつ分取します。早くも分離が始まっています。
今回の標準物質には、青色、赤色、黄色の色がついています。



 
青色の物質が溶出しました。


 
次に赤色の物質が溶出しました。

 
そして、最後に黄色の物質が溶出しました。
唾液アミラーゼは無色なので、ここから各分画を分析します。


 
さて、分取する際の試練の話ですが、実は、分取は、すべて手動で行いました。
1mLの分取は、滴数で行うのですが、すべて学生に数えてもらいました。
こんな学生も・・・!!(つづく)
 
分取は、こんな感じで、滴数を数えていきます。


 
途中から、座り込んでしまう学生も・・・!!!!!
たぶん、数えやすかったんだと思います。

 
では、この様子の続きは次回ご紹介します。
 
↓↓クリックお願いします

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2018/07/%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%aa%e9%80%9a%e4%bf%a1no-1857%e3%80%8c%e7%94%9f%e5%8c%96%e5%ad%a6%e5%ae%9f%e7%bf%92%ef%bc%91%ef%bc%91%e3%80%8d.html/trackback

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)