湘央医学技術専門学校・湘央生命科学技術専門学校

応用生物科学科BLOG

  • Entry Date
  • 2017.9.25

バイオ通信No.1769「微生物の取扱方法と手形培地の作製」

1年生の微生物学実習で、微生物の取扱いと手形培地の作製を行いました。

 
前回、平板培地で分離培養を経験した1年生は、今回、その培養後の平板培地から釣菌して、グラム染色標本を作製しました。
その染色標本を観察することにより、分離培養が適切にできているかどうかがわかります。
 
グラム陽性菌は紫色に、グラム陰性菌は赤色に染色されます。
とても重要ですから、しっかりと覚えておきましょう!!!
 
また、細菌の鏡検は1000倍で行いますので、油浸での観察になります。
生物顕微鏡の適切な使用方法も、身についていなければなりませんね。
 
次に手形培地の作製を行いました。

 
培地作製はすでに何度か経験しているので、操作にだいぶ慣れてきているようですね。
この培地は後日、手洗い・消毒薬の効果を見る実験に使用します。
 
このような基本操作が適切にできることは、とても重要です。
たとえ、このようなことを実際に行わない職場だったとしても、知っている(経験したことがある)ことは、とても意味のあることです。
しっかりと記憶と記録にとどめておいてくださいね。
 
↓↓クリックお願いします

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2017/09/%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%aa%e9%80%9a%e4%bf%a1no-1769%e3%80%8c%e5%be%ae%e7%94%9f%e7%89%a9%e3%81%ae%e5%8f%96%e6%89%b1%e6%96%b9%e6%b3%95%e3%81%a8%e6%89%8b%e5%bd%a2%e5%9f%b9%e5%9c%b0%e3%81%ae%e4%bd%9c.html/trackback

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)