湘央医学技術専門学校・湘央生命科学技術専門学校

応用生物科学科BLOG

  • Entry Date
  • 2017.7.3

バイオ通信No.1735「生化学実習-卵白アルブミンの分離」

みなさん、こんにちは。
 
今回の生化学実習は、卵白アルブミンの分離です。
もちろん材料は、「卵」です。
それでは、手順に沿って、見てみましょう。
 
まずは、卵白と卵黄に分け、卵白をこします。

 
ろ液に、指示薬を入れ、pHを酸性にします。


これを遠心して、塩析により卵白に含まれるグロブリンを除きます。
 


 
上清からさらに塩析により卵白アルブミンを析出させ、遠心を繰り返し、洗浄します。
 
塩析により、アルブミンもグロブリンも析出しますが、塩濃度によって、析出するタンパク質は異なります。


 
最後に、最小量の蒸留水に溶かし、透析(脱塩)を行いました。


 
次回の実習では、分離できた卵白アルブミンの定量を行います。
今回は、ちょっと失敗もありましたが、上手く分離できました。
バイオコース2年生のみなさん、次回も頑張りましょう!
 
↓↓クリックお願いします

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2017/07/%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%aa%e9%80%9a%e4%bf%a1no-1735%e3%80%8c%e7%94%9f%e5%8c%96%e5%ad%a6%e5%ae%9f%e7%bf%92%ef%bc%8d%e5%8d%b5%e7%99%bd%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%96%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%81%ae%e5%88%86.html/trackback

コメント(2)

    1. ケニーさん、こんにちは。 質問、ありがとうございます。返信が遅くなりました。 さて質問についてですが、今回の実習は、卵白アルブミンの精製を目的としています。 目的のタンパク質を得るために、不要な物質(低分子物質など)を除去する必要があります。 今回は、精製方法の1つである透析により塩析で用いた塩の除去を行いました。 精製は、タンパク質などの生体試料を取り扱う上で大切な作業になります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)