• Entry Date
  • 2017.3.1

バイオ通信 No.1691「食品中の塩分・発色剤・リン酸を調べました。」

2年生の食品衛生学実習で食品中の塩分濃度、発色剤として食品に添加されている亜硝酸塩、リン酸について調べました。

 

試料は牛乳、さきいか、海苔、ハム、魚肉ソーセージなどです。

 

まず、試料をはかります。

 

↓↓クリックお願いします

 

そして、水を加えて乳鉢を使いすりつぶします。

海苔です。結構大変なことになってます。

 

こちらは何をチョキチョキ、すりすり。。

 

遠心して上清をとります。

 

上清を使って、塩分濃度や亜硝酸濃度、リン酸濃度を測定します。

塩分濃度はポケット塩分計で。。。

 

測定部へ試料をのせるだけ。。減塩生しょうゆは。。。

 

3.6%でした。

 

亜硝酸とリン酸はパックテストで測定します。

試薬に試料を吸い込み、混ぜて反応させると発色します。

たくさん含まれていると色が濃くなります。

 

 

吸光度を測定するか標準液の色と比べて濃度を求めます。

リン酸のパックテストは青色に発色しました。

 

牛乳、海苔には2g/ℓ 含まれていました。

亜硝酸はピンクに発色しました。

 

ハムや魚肉ソーセージに発色剤として添加されています。

食品を購入するときに、商品についているラベルにはいろいろな情報が書かれているので、ぜひご覧になって下さい。

意外な発見があるかも?

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2017/03/%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%aa%e9%80%9a%e4%bf%a1-no-1691%e3%80%8c%e9%a3%9f%e5%93%81%e4%b8%ad%e3%81%ae%e5%a1%a9%e5%88%86%e3%83%bb%e7%99%ba%e8%89%b2%e5%89%a4%e3%83%bb%e3%83%aa%e3%83%b3%e9%85%b8%e3%82%92.html/trackback

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)