• Entry Date
  • 2017.2.13

バイオ通信 No.1686「固形食品の細菌学検査」

2年生の食品衛生学実習で固形食品中の細菌学検査を行いました。

試料は各自が持ち寄った固形の食品です。

 

これは、昨日の残りのうどんと具です。

pict-170206-31

 

バナナです。

pict-170206-34

 

↓↓クリックお願いします

 

志きし餅(大分土産)です。賞味期限が3日過ぎています。

pict-170206-35

 

ピザです。

pict-170206-32

 

試料をPBSと一緒にしてストマッカーで処理します。

pict-170206-33

 

10倍希釈液を1mℓ培地へ入れて、37℃で培養します。

pict-170206-36

 

今回は混釈培養の他に、シート培地も使って行いました。

pict-170206-37

 

培養後はシートが発色するので便利です。菌によって色が変わります。

pict-170206-38

pict-170206-39

 

今回の試料はあまり菌が検出できませんでした。

結果としてはつまらないですけれど。。。なんだか一安心ですね。

菌が見つかったらアピを使って同定します。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2017/02/%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%aa%e9%80%9a%e4%bf%a1-no-1686%e3%80%8c%e5%9b%ba%e5%bd%a2%e9%a3%9f%e5%93%81%e3%81%ae%e7%b4%b0%e8%8f%8c%e5%ad%a6%e6%a4%9c%e6%9f%bb%e3%80%8d.html/trackback

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)