湘央医学技術専門学校・湘央生命科学技術専門学校

応用生物科学科BLOG

  • Entry Date
  • 2016.12.19

バイオ通信No.1667「バイオインフォマティクス~RasMol1~」

みなさん、こんにちは。
 
今回は、2年生のバイオインフォマティクスの授業で作成した分子構造の紹介です。
タンパク質のデータベース(PDB)から立体構造のデータをダウンロードして、立体構造描画ソフトのRasMolで立体構造を表示し、タンパク質の特徴を表現してみました。
 
RasMolは、コマンド入力で表示をさせるため、慣れない学生にとっては、大変だったみたいですが、試行錯誤しながら作成をしました。
見づらいものもあると思いますが、ご覧ください。
 
その前に、ちょっと一例です。元の立体構造です。
1sp1
 
RasMolで表示し直した立体構造です。
1sp13
 
では、2年生の描画した立体構造をご覧ください。
 
↓↓クリックお願いします


 
1b7f
1cll
1d1s
1i1b
1j1d
1j7n
1kf1
1mbn
1p7b
 
次回は、パート2をご紹介します。
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2016/12/%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%aa%e9%80%9a%e4%bf%a1no-1667%e3%80%8c%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%9e%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%af%e3%82%b9%ef%bd%9erasmol1%ef%bd%9e.html/trackback

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)