湘央医学技術専門学校・湘央生命科学技術専門学校

応用生物科学科BLOG

  • Entry Date
  • 2015.11.18

バイオ通信 No.1514「臨床検査の2年生が実習にきました。その1」

いつもは応用生物科学科の実習が行われている1号館1階の実習室に、臨床検査技術学科2年生がPCRの実習を行うためにやってきました。
 
PCR(Polymerase  chain reaction) 法はDNA鎖の熱変性、プライマーのアニーリング、ポリメラーゼによる伸長反応を繰り返すことによって、二種類のプライマーに挟まれた目的とする特定のDNAを増幅する方法です。
遺伝子検査や作物の品種鑑定、食中毒の原因微生物や病原微生物の特定、など幅広い分野に利用されています。
 
今回は、キットを使ってDNA断片を増幅しました。
増幅した後は、アガロースゲル電気泳動によってDNA断片の有無を確認します。。
 
アガロースゲルへサンプルをアプライします。
151117-1
151117-7
 
DNAは電気泳動用bufferの中でマイナスに荷電しますのでプラスの方へ移動していきます。
151117-2
 
ひとり1サンプルはアプライしました。手が震えないように固定して操作します。take先生に見守られ?ながら。。。
151117-3 151117-8
151117-4 151117-9
 
↓↓クリックお願いします


 
Aクラスのみんなの真剣な様子をダイジェストで。。。撮り損なってしまった方はごめんなさい。m(_ _)m
151117-6 151117-10
151117-11 151117-12
151117-13 151117-17
151117-18 151117-19
151117-20 151117-21
151117-22 151117-23
151117-26 151117-28
151117-29 151118-9
 
みんな上手にサンプルを入れることができました。
初めての操作だったためか、「採血の方が簡単な気がする。。。」とか頼もしい?ことを言っておられました。。
 
泳動が終わったら、染色して観察します。
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2015/11/%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%aa%e9%80%9a%e4%bf%a1-no-1514%e3%80%8c%e8%87%a8%e5%ba%8a%e6%a4%9c%e6%9f%bb%e3%81%ae2%e5%b9%b4%e7%94%9f%e3%81%8c%e5%ae%9f%e7%bf%92%e3%81%ab%e3%81%8d%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f.html/trackback

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)