湘央医学技術専門学校・湘央生命科学技術専門学校

応用生物科学科BLOG

  • Entry Date
  • 2015.7.30

バイオ通信No.1471「乙種第4類危険物取扱者試験に向けて その6」

乙種第4類危険物取扱者試験対策の6回目は、消火理論の基礎について確認をします。
それでは、今日も問題を解いてみましょう!
 
問題)消火について、次のうち誤っているのはどれか。
①消火では、燃焼の3要素のうち1つ以上を取り去れば消火できる。
②一般に空気中の酸素濃度を15%以下にすれば、燃焼は継続しない。
③木材火災に注水して消火するのは、冷却消火である。
④アルコールランプに蓋をして消火するのは、アルコール蒸気を遮断する除去消火である。
⑤閉め切った室内で多量の二酸化炭素を放射すると、酸欠状態になることがある。
 
↓↓クリックお願いします


 
(正解) ④
 
(解説)
アルコールランプに蓋をして消火するのは、空気の供給を遮断して消火する窒息消火である。除去消火ではありません。
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2015/07/%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%aa%e9%80%9a%e4%bf%a1no-1471%e3%80%8c%e4%b9%99%e7%a8%ae%e7%ac%ac4%e9%a1%9e%e5%8d%b1%e9%99%ba%e7%89%a9%e5%8f%96%e6%89%b1%e8%80%85%e8%a9%a6%e9%a8%93%e3%81%ab%e5%90%91%e3%81%91.html/trackback

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)