湘央医学技術専門学校・湘央生命科学技術専門学校

応用生物科学科BLOG

  • Entry Date
  • 2015.6.22

バイオ通信No.1453「生化学実習6」

みなさん、こんにちは。
 
今回の生化学実習は、卵白アルブミンの分離です。
 
最初に卵白と卵黄に分けます。卵白に薬品を入れて撹拌します。
15061703-01 15061703-03
 
遠心をして、上清を回収します。
15061703-02 15061703-04
15061703-05 15061703-06
 
上清に、硫酸アンモニウムを加えます。塩析です。(グロブリン)
15061703-07 15061703-08
 
遠心をして沈殿を除きます。
15061703-09 15061703-11
 
上清に硫酸アンモニウムを加えて遠心します。(アルブミン)
15061703-12 15061703-13
 
↓↓クリックお願いします


 
上清を除き、沈殿を水で溶かします。
15061703-14
 
透析膜を用いて、透析をし脱塩をします。
15061703-15
 
脱塩後、タンパク質溶液を定量します。
定量は、次回です。上手く定量できるといいのですが・・・。
 
材料を無駄にしない精神で、最初に分けた卵白は実習に使いましたが、卵黄はN君の元へ。
N君、いろいろ考えているようでした。
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2015/06/%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%aa%e9%80%9a%e4%bf%a1no-1453%e3%80%8c%e7%94%9f%e5%8c%96%e5%ad%a6%e5%ae%9f%e7%bf%92%ef%bc%96%e3%80%8d.html/trackback

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)