湘央医学技術専門学校・湘央生命科学技術専門学校

応用生物科学科BLOG

  • Entry Date
  • 2014.11.14

バイオ通信No.1362「化学実習3」

みなさん、こんにちは。
 
1年生バイオコースの今回の化学実習は、グルコースの定量です。
しっかり検量線を書き、未知のグルコース濃度を測定します。
今回は個人戦。しっかり準備し、しっかり実習できたかな?
それでは、準備の様子から。
 
14113103-01 14113103-02
何度かやっている実習なので、少し余裕があるかな!
 
14113103-03 14113103-06
 
しっかり撹拌をして反応させます。何故だか周りが拍手???
14113103-05
 
いよいよ反応開始です。今回は酵素反応なので、37℃で温めて反応させます。
 
グルコースに発色試薬を作用させると赤色になります。
14113103-04 14113103-08
 
反応が終了。どんな感じかな?
 
↓↓クリックお願いします


14113103-07 14113103-09
う~ん、いい感じですね。グルコースの濃度によって、赤色の濃さが異なります。
 
段階的に濃くなっているようです。これを分光光度計で測定します。
14113103-10 14113103-11
 
測定結果をグラフにします。同様の操作を未知濃度のグルコースでも行い、定量します。
 
14113103-12
キレイな直線(検量線)が描けました。この線より、無事に未知濃度のグルコースの濃度を測定することができました。
 
1年生のみなさん、上手くなりましたね。この調子で頑張っていきましょう。
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2014/11/%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%aa%e9%80%9a%e4%bf%a1no-1362%e3%80%8c%e5%8c%96%e5%ad%a6%e5%ae%9f%e7%bf%923%e3%80%8d.html/trackback

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)