湘央医学技術専門学校・湘央生命科学技術専門学校

応用生物科学科BLOG

  • Entry Date
  • 2013.6.26

バイオ通信No.1175 「サザンハイブリ」

2年生の遺伝子工学実習で、サザンハイブリダイゼーションを行いました。2013JunAhr.gif

アガロースゲルからDNAをメンブレンにブロッティングしました。

130613-3.jpg

次の日、重しとペーパータオルを取り除きます。

ボールペンでサンプル溝に印をつけます。

130613-6.jpg

↓↓クリックお願いします


ゆっくりとゲルとメンブレンを取り外し、bufferで洗浄後、自然乾燥。
最後に80℃でbackingしてDNAをメンブレンに固定します。

プレハイブリダイゼーション、標識プローブとのハイブリダイゼーションを行います。
最後に検出操作を行うと、標識プローブと相補的な塩基配列を持つDNA断片の場所が発色します。。

pict-1班.jpg 130613-7.jpg        
電気泳動の結果(左)とメンブレン上の発色(右)と見比べて目的の遺伝子断片を探します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2013/06/no-293.html/trackback

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)