湘央医学技術専門学校・湘央生命科学技術専門学校

応用生物科学科BLOG

  • Entry Date
  • 2012.11.21

バイオ通信No.1084 「プラスミドの調製」

1年生の遺伝子操作学実習でプラスミドを調製しました。Ahr2012Nov.gif

121120-2.jpg

今回はボイル法により大腸菌からプラスミドを取り出します。

リゾチームを加えて煮沸します。

これにより、宿主菌である大腸菌の細胞壁を破壊します。

↓↓クリックお願いします


遠心すると、変性した菌体のタンパク質や染色体DNAが沈殿になります。

それを、楊枝でつり上げて。。。
121120-3.jpg

ポイッと捨てます。残った溶液中にはプラスミドが含まれています。
121120-4.jpg

イソプロパノールと酢酸ナトリウムを加えると。。。
アルコール沈殿といいます。

モヤッとDNAが析出して見えます(^_^)v
121120-5.jpg

遠心してプラスミドを集めます。

白い沈殿がプラスミド(DNA)です!
121120-6.jpg

沈殿を乾燥させてTEに溶解します。

RNAを除去してからアガロースゲル電気泳動にてDNAを確認します。
121120-8.jpg

きれいに泳動できました♡
121120-9.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2012/11/no-5.html/trackback

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)