湘央医学技術専門学校・湘央生命科学技術専門学校

応用生物科学科BLOG

  • Entry Date
  • 2012.10.22

バイオ通信No.1067 「化学実習3」

みなさん、こんにちは。TkoOct2012.gif

今回の化学実習は、Lambert-Beerの法則よりモル吸光係数を求めました。

この法則は、光の吸収を利用した定量分析には欠かせない大切な法則です。

1年生は、これからも使いますのでしっかり覚えてくださいね。2年生は、覚えてますか?

さて、この法則は、Lambertの法則とBeerの法則が合わさった法則ですが、簡単に言うと、光の吸収量は、濃度に比例するってことです。(Beerの法則)

ということで、法則が成立するかの確認からです。

まずは、希釈溶液の調製です。今回は、個人戦。各自で調製します。

12101903-01.jpg 12101903-02.jpg

12101903-06.jpg

次に調製した希釈溶液の測定です。光の吸収量を分光光度計で測定します。

12101903-04.jpg 12101903-07.jpg

そして、グラフの作成です。

果たして比例は確認できるのか・・・・・。

応援の↓↓クリックお願いします


グラフは、

12101903-03.jpg
写真が小さくてわかりづらくて、すみません。
しかも、斜めから撮ってしまいました。すみません。
しかし、直線になってることがおわかりいただければ・・・・・。
あとは計算からモル吸光係数を求めます。
12101903-05.jpg
今回は、個人戦でしたが、無事に全員終了しました。
次回も個人戦。今度は定量分析です。
みんな頑張ってくださいね。
12101903-12.jpg
 
~おまけ~
順番待ちの状況。みんな静かに待ってます。
いつもこれくらい静かだといいのですが・・・・・。
12101903-08.jpg 12101903-09.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2012/10/no-230.html/trackback

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)