湘央医学技術専門学校・湘央生命科学技術専門学校

応用生物科学科BLOG

  • Entry Date
  • 2012.9.14

バイオ通信No.1051 「植物組織培養の培養経過」

みなさん、こんにちは。SepHnw.gif

バイオコース1年生が細胞組織学実習で培養している培養体を見てみましょう。

まずは「アスパラガス茎頂培養」の培養体です。

240914102.jpg

最初は0.3mm 程度で、肉眼でもほとんど見えませんが、少し培養すると、このようになり・・・

さらに培養を続けると、このようになります。

240914103.jpg

↓↓クリックお願いします


次に「ニンジン肥大根形成層初代培養」の培養体を見てみましょう。

240914101.jpg

光をあてる環境下で培養していますので、形成されたカルスが緑色をしていますね。

橙色がニンジン肥大根の部分・・・緑色がそこから形成されたカルスです。
これは成功例です

次は失敗例・・・

240914104.jpg

これはコンタミネーションの例です。雑菌が繁殖しています。

240914105.jpg

これは無菌操作のときに消毒用アルコールの影響で白化してしまったサンプルです。

成功は成功から学ぶこともありますが、失敗は失敗からたくさんのことを学ぶことが大切ですね!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2012/09/no1051.html/trackback

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)