湘央医学技術専門学校・湘央生命科学技術専門学校

応用生物科学科BLOG

  • Entry Date
  • 2012.8.30

バイオ通信No.1042 「バイオ体験入学&仕事の学び場 その5」

みなさん、こんにちは。

AugHnw.gif

昨日、サケ白子DNAを含む水層にエタノールを加えたましたが・・・

240807506.jpg

それがどんなふうになったかというと・・・

↓↓クリックお願いします


上の無色透明な層がエタノール層・・・

ビーカーの中央から下の層には、DNAが多量に出ているのがわかります。
240807512.jpg

ブロッコリーのときと比べてみましょう。
240807306.jpg
ブロッコリーのときに下の水層が緑色をしているのは、植物細胞が葉緑素を含んでいるためです。

DNAを含んでいる部分の見え方は、似ていると思いませんか?

ブロッコリーもサケも、遺伝子を保存している物質はDNAで、共通の物質です。
DNAに書かれている情報は生物種によって違いますが、情報を保存している物質が共通というのもちょっと不思議な感じがしませんか!?

最後におまけです。

サケの白子DNAをガラス棒で、そっと伸ばしていくと・・・
240807507.jpg

240807508.jpg

240807509.jpg

240807510.jpg
こんなこともできます。

240807511.jpg
ガラス棒に巻き取ったサケ白子DNAは、このように見えます。

これが生命(生物)の設計図であるDNAなんです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2012/08/no10425.html/trackback

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)