湘央医学技術専門学校・湘央生命科学技術専門学校

応用生物科学科BLOG

  • Entry Date
  • 2012.5.31

バイオ通信No.996 「無菌播種」

いよいよバイオ通信も、記念すべき No.1000 が近づいてきました。MayHnw.gif

今日は先日、バイオコース1年生が行ったナデシコ無菌播種の培養の途中経過をご覧いただきます。

さて、どんな状態でしょうか???

↓↓クリックお願いします


これは培養6日目の状況ですが、多くは無菌操作が成功し、順調に生育しているようですね。

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、これが写真です。
pict-P1010017.jpg

別の培養体も見てみましょう。
pict-P1010015.jpg
こちらは?
pict-P1010016.jpg
コンタミネーション(略してコンタミ、雑菌による汚染を受けている状態)の例です。
コンタミの仕方を見ると、どうやら操作上の問題ではないような気がします。

どうしてそのように判断したのでしょう?
バイオコース1年生のみなさん、考えてみてください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2012/05/no996.html/trackback

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)