湘央医学技術専門学校・湘央生命科学技術専門学校

応用生物科学科BLOG

  • Entry Date
  • 2021.1.18

わんにゃん通信No.1103「小動物用のポーチ」

こんにちは。

 

動物看護コース2年生の外科看護学実習にて、

モモンガやハムスターがシェルターとして利用できるポーチの作製をしてらいました。

シェルターとは、「隠れ家」のことです。

 

穴居動物である彼らには、捕食者から身を守れる落ち着ける隠れ家を用意してあげることが大切です。

また、飼い主の匂いのついたものを使用することで、早く慣れてくれる・仲良くなれる効果も期待できます。

 

黙々と裁縫をする2年生。

 

こんなにすてきなものを作ってくれました。

 

一番乗りでぬくぬくしていたのは、yama家のスナネズミのグラでした。

 

爪が引っかからないような素材を選ぶことや誤食がないよう注意しなければいけないこと等ありますが、

今回は裁縫の練習を含めてかわいらしく装飾してもらい、学生の女性らしさを実感することができました。

 

↓↓クリックお願いします

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2021/01/%e3%82%8f%e3%82%93%e3%81%ab%e3%82%83%e3%82%93%e9%80%9a%e4%bf%a1no-1103%e3%80%8c%e5%b0%8f%e5%8b%95%e7%89%a9%e7%94%a8%e3%81%ae%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%81%e3%80%8d.html/trackback

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)