湘央医学技術専門学校・湘央生命科学技術専門学校

応用生物科学科BLOG

  • Entry Date
  • 2021.1.15

わんにゃん通信No.1102「薬浴」

みなさん、こんにちは。

 

動物看護コース2年生が動物外科看護学実習Ⅱで、「薬浴」を学びましたのでご紹介します。

「薬浴」とは皮膚や被毛の治療のために行う動物の洗浄・入浴方法です。

 

動物の皮膚・被毛の治療に合わせて、シャンプー・保湿剤を選択します。

抗菌性用、脂漏性用、保湿用・・・様々あります。

 

数種類の匂いと質感をチェックしました。

 

実習では人工毛を動物の被毛にみたてて薬浴を体験しました。

毛玉を梳いた被毛を、しっかりぬるま湯で濡らします。

 

薬用シャンプーをつけ、よく泡立てます。

薬用シャンプーの種類によって質感、泡立ち具合、香りが異なります。

 

数分間おきます。

 

泡を洗い流します。

 

皮膚を傷つけないように、よく乾かします。

 

薬浴の効果は直ぐに出る場合と、数ヶ月間継続することで出る場合と様々です。

動物のご家族が薬浴を自宅で行うことが主になるので、わかりやすく薬浴の仕方を伝えることができるようにしましょう♪

 

↓↓クリックお願いします

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2021/01/%e3%82%8f%e3%82%93%e3%81%ab%e3%82%83%e3%82%93%e9%80%9a%e4%bf%a1no-1102%ef%bd%a2%e8%96%ac%e6%b5%b4%ef%bd%a3.html/trackback

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)