湘央医学技術専門学校・湘央生命科学技術専門学校

応用生物科学科BLOG

  • Entry Date
  • 2020.10.26

わんにゃん通信No.1074「はじめての糞便検査」

みなさん、こんにちは。

 

動物看護コース1年生が動物臨床検査学実習Ⅰで、初めて糞便検査を行いました!

今回は直接法に挑戦しましたので、ご紹介します。

 

はじめに、極少量の糞便を楊枝等で採取し、スライドガラス上で生理食塩水とよく混和します。

 

このスライドを顕微鏡で観察します。

 

今回は糞便中から、回虫卵を検出しました。

 

回虫は多くの哺乳類の、主として小腸に寄生する生物で、犬や猫の体内で成虫に成長します。

感染動物は嘔吐や下痢等の消化器症状、脱水、被毛不良、栄養失調等の症状がみられます。

 

初めての糞便検査に最初は戸惑いましたが、練習を重ねて慣れていきましょう♪

 

↓↓クリックお願いします

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2020/10/%e3%82%8f%e3%82%93%e3%81%ab%e3%82%83%e3%82%93%e9%80%9a%e4%bf%a1no-1074%ef%bd%a2%e3%81%af%e3%81%98%e3%82%81%e3%81%a6%e3%81%ae%e7%b3%9e%e4%be%bf%e6%a4%9c%e6%9f%bb%ef%bd%a3.html/trackback

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)