湘央医学技術専門学校・湘央生命科学技術専門学校

応用生物科学科BLOG

  • Entry Date
  • 2020.10.13

わんにゃん通信No.1069「メスの取扱い」

みなさん、こんにちは。

動物看護コース2年生が動物外科看護学実習 Ⅰ で、メスの取扱いについて学びました。

 

メスは、外科手術などに用いられる極めて鋭利な刃物です。

動物看護師は手術の際に、メスを使用した執刀を行いませんが、獣医師の指示のもとでメス等の器具出しを行います。

今回の実習ではメスの刃の付け外しについて体験しました。

 

まずはじめに、メスの刃が入っている包みから、刃を取り出します。

 

刃を持針器でしっかりと保持し、メスホルダーに差し込みます。

持針器はハサミのように開閉することができ、ストッパーにより開閉をロックすることができます。これにより刃を保持します。

 

メスホルダーから刃を外す際は、持針器で刃の根元を保持し引き抜きます。

刃とメスホルダーが平行にスライドするように抜くと安全に外しやすいです。

 

メスはとても鋭利な刃物です。

取扱の際には患者動物や周囲の人間に危険が及ばないよう、安全な操作を心がけましょう♪

 

↓↓クリックお願いします

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2020/10/%e3%82%8f%e3%82%93%e3%81%ab%e3%82%83%e3%82%93%e9%80%9a%e4%bf%a1no-1069%ef%bd%a2%e3%83%a1%e3%82%b9%e3%81%ae%e5%8f%96%e6%89%b1%e3%81%84%ef%bd%a3.html/trackback

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)