• Entry Date
  • 2020.1.14

わんにゃん通信No.962「ワクチン投与前準備」

みなさん、こんにちは。

 

さく日は、成人の日でした。

当学科2年生の多くも成人式に出席したと思いますが、新成人のみなさん、おめでとうございます。

これからみなさんのますますのご活躍をお祈り申しあげます。

 

さて、先日、動物看護コース2年生がワクチン投与前準備について学びました。

 

動物病院ではワクチンの投与前に、動物看護師がワクチン薬を準備します。

 

ワクチン薬は溶液と溶媒の薬品を溶解して作成します。

はじめにワクチン溶液を薬瓶(バイアル)から、シリンジで吸引します。

 

必要量を正確に計りとります。

この際に、シリンジ内の空気の粒(気泡)が針先まで無いようにします。

気泡が血管内に入ることを防ぎ、投薬量を正確にします。

 

気泡を除く時は、内筒を下げてから、指ではじくと上手くいきます。

 

次に、ワクチン溶液でワクチン溶媒(粉状)を溶解します。

作ったワクチン溶液を再度シリンジへ吸引します。

 

さいごに吸引時に使用した針を外し、新品の針に付け替えます。

これにより、先が滑らかな針でワクチンを体内へ投与することができ、投与時の痛みが軽減されます。

 

飼い主さんの多くは冬の終わりから春にかけて、動物病院へワクチン接種をしに来院します。

とても忙しい期間になるので、正確で手際の良い作業ができるように心がけましょう♪

 

↓↓クリックお願いします

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2020/01/%e3%82%8f%e3%82%93%e3%81%ab%e3%82%83%e3%82%93%e9%80%9a%e4%bf%a1no-962%e3%80%8c%e3%83%af%e3%82%af%e3%83%81%e3%83%b3%e6%8a%95%e4%b8%8e%e5%89%8d%e6%ba%96%e5%82%99%e3%80%8d.html/trackback

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)