• Entry Date
  • 2019.12.3

わんにゃん通信No.950「エキゾチックの看護」

みなさん、こんにちは。

 

動物看護コース2年生が動物看護実習Ⅲで、エキゾチックアニマルについて学びました。

今回はマウス、ラット、スナネズミ、チャイニーズ・ハムスター、ゴールデン・ハムスターが登場しました。

 

ラット

 

スナネズミ

 

チャイニーズ・ハムスター

 

ゴールデン・ハムスター

 

実習では彼らの視診、雌雄判別、体重測定、聴診、爪切りに挑戦しました。

学生は普段聴診をする犬や猫に比べ、心拍数の高いラットの心音の速さに驚いていました。

 

私たち人間の心拍数は1分間当たり60~100回が正常値ですが、ラットは1分間当たり250~450回拍動するそうです!

 

爪切りでは優しくタオルでラットの身体を包み、保定をしました。

 

最近はエキゾチックアニマルの人気から、エキゾチックアニマル対応・専門動物病院が多くあります。

様々な種類の動物に対応できる、動物看護師を目指しましょう♪

 

↓↓クリックお願いします

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://sho-oh.ac.jp/blog/bio/2019/12/%e3%82%8f%e3%82%93%e3%81%ab%e3%82%83%e3%82%93%e9%80%9a%e4%bf%a1no-950%e3%80%8c%e3%82%a8%e3%82%ad%e3%82%be%e3%83%81%e3%83%83%e3%82%af%e3%81%ae%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e3%80%8d.html/trackback

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)